女王陛下が愛した由緒ある茶館「ティーチャプター」で体験する中国茶道

シンガポールにいると、中華レストランなどで、ジャスミン茶やプーアル茶といった中国茶を飲む機会も増えてきます。

「ティーチャプター(茶渕/Tea Chapter)」茶器

『せっかくだから中国茶道の世界を本格的に体験したい!』

そんなときにおすすめしたいのが「ティーチャプター(茶渕)」

伝統の「茶芸(ティーセレモニー)」のスタイルでいただけるティーサロンです。

 


かの英国女王エリザベス2世もご来店


■ 1階がショップ、2〜3階がカフェ

チャイナタウンの端(マックスウェル・フードセンターのすぐ近く)のニールロード沿いに建つ歴史あるショップハウス。

ここに、かの英国女王エリザベス2世も訪れたこともある、由緒ある中国茶館があります

「ティーチャプター(茶渕/Tea Chapter)」のエントランス

1階が茶葉や茶器を販売するショップ、2・3階がカフェとなっている店舗。

カフェサロンは、中国式のテーブル席、韓国式の掘りごたつ席、日本式の座敷席といった、3つの座席スタイルがあり。

「ティーチャプター(茶渕/Tea Chapter)」韓国スタイルのシーティングエリア
韓国スタイルのフロア

室料$10で、エリザベス女王がお茶を召し上がった「クイーンズルーム」に座ることも可能。

「ティーチャプター(茶渕/Tea Chapter)」のクイーンズルーム
エリザベス女王が座ったクイーンズルーム

どのスペースも、レトロな雰囲気に溢れた素敵な空間。

さあ、いよいよ中国茶芸に挑戦です。

 


奥深い中国茶道!ティーセレモニー


■ 茶葉は40種類以上!点心もあり

まずお茶を選びましょう。

「ティーチャプター(茶渕/Tea Chapter)」茶筒

白茶・緑茶・烏龍茶・紅茶・黒茶・花茶など40種類以上の豊富なラインナップ。どれにしようか迷ったら、エリザベス女王が楽しまれた「御用黄金桂(最高級烏龍茶)」や、香りの高い「茉莉銀毫(ジャスミン茶)」などがおすすめです。

「ティーチャプター(茶渕/Tea Chapter)」のティートレイ

茶器が用意されると、ティー・マスターが中国茶道「茶芸」の手順・作法を説明しながら、お茶を入れてくれます。

①茶器を温める:ティーポット〜カップにお湯を回しいれて、捨てる
②茶葉を洗う:ポットに茶葉を入れる。注いだお湯はすぐ捨てる
③お茶を入れる:一煎目は25秒蒸らす(二煎目は30秒と、5秒づつ増やしていく)
④お茶を飲む:3口で飲む

「ティーチャプター(茶渕/Tea Chapter)」中国茶芸(ティーセレモ二ー)の体験

メニューには、お茶と一緒に楽しめる点心やお茶菓子(デザート)もあり。しかも$4からとリーズナブル!

「ティーチャプター(茶渕/Tea Chapter)」長寿のシンボルである桃をかたどった寿桃(桃まんじゅう)

長寿のシンボルである桃をかたどった「桃まんじゅう(寿桃)」

「ティーチャプター(茶渕/Tea Chapter)」八宝茶
八宝茶

漢方・花・フルーツといった数種類の素材を、茶葉にブレンドした「八宝茶」

こちらは、透明ガラスのティーポットでサーブされるので、茶葉の美しさも楽しむことができます。

「ティーチャプター(茶渕/Tea Chapter)」残った茶葉は持ち帰れます

チャイナタウンの喧噪から離れ、時の流れも止まったような空間で、芳香豊かな中国茶をゆっくり味わう贅沢な時間。

日本の茶道とはまた違う、中国伝統の茶道「茶芸」を体験してみてはいかがでしょうか。

Tea Chapter(茶渕)

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ