【最新版】シンガポール2022年カレンダー!祝日&イベント総まとめ

[更新] 2022年の情報をアップデート

あけましておめでとうございます。2022年が始まりました。

年の初めは、シンガポールの祝日カレンダーをチェックから。

連休取得や旅行(ステイケーション)など、早めの計画・行動で新しい年のスタートダッシュを!

 


2022年、シンガポールの年間スケジュール


■ シンガポールの多様性を映す祝日

多民族国家シンガポールは、仏教、イスラム教、ヒンドゥー教、キリスト教など、さまざまな宗教・文化に基づく祝日が混在しています。

日本に比べると、シンガポールの祝日の数は少なく、年間たったの11日

2022年は、3回の振替休日(祝日が日曜日になると、翌月曜日が振替休日になる)を含め、3連休になるのが6回

11回ある祝日の、半分以上が3連休になるという当たり年

しかも、4月30日(土)〜5月3日(火)は、メーデーの振替休日とハリラヤの祝日がつながって、4連休になります。

■ 人気イベントや伝統行事も見逃せない

祝日以外にも、年中を通じて、「F1」や「セール」、「タイプーサム」や「中秋節」といった見逃せない国際的な人気イベントも盛りだくさん。

人気イベントの開催中は、ホテルや航空券が取りにくくなるので、早めの予約をおすすめします。

1月1日(土) 元日
一年の最初の日。シンガポールでは、旧正月を盛大に祝うので、「1月1日」に対する特別感は薄い…。

1月18日(火)

タイプーサム
満月の日に開催される年に一度のヒンドゥー教の行事苦行や受難を体現した敬虔な信者たちによる巡礼行進は圧巻。>> 詳細はこちらタイプーサム:ダンスしながらの行進
2月1日(火)〜2日(水) 旧正月
Luner New Yearとも呼ばれる旧暦(太陰暦)の新年。中華系が70%を占めるシンガポールでは、こちらが正月本番。
旧正月の間は休業するお店が多いので、食事難民にならないように要注意。>> 詳細はこちらCNYの佛牙寺
4月15日(金) グッドフライデー
イエス・キリストが十字架にかけられて処刑された聖金曜日のこと。その3日後の日曜日、キリストが復活したことを祝う「イースター(復活祭)」へと続きます。
5月1日(日) 労働者の日
世界的に「メーデー」として知られる労働者のための祝日。レイバーデイ。
5月3日(火) ハリラヤ・プアサ
1ヶ月に及ぶ断食(ラマダン)明けを祝うイスラム教の祭日
5月15日(日) ベサックデー
ブッダ(お釈迦さま)の生誕日。
6月〜7月(未定) グレート・シンガポール・セール(GSS)
国を挙げて開催される年に一度のバーゲンセール。シンガポールでショッピングするなら、この時期がおすすめ。>> 詳細はこちら店頭ウィンドウにセールの表示
7月10日(日) ハリラヤ・ハジ
「犠牲祭」とも呼ばれるイスラム教の祝祭日
8月9日(火) ナショナル・デー
1965年にマレーシア連邦から正式に分離・独立した「建国記念日」
パレードや航空ショー、花火など見所も盛りだくさんの一大イベント。>> 詳細はこちら
イスタナ公園のFestive Arch
9月10日(土) 中秋節
旧暦の8月15日(十五夜)に、月を祭りながら豊作を願う秋の風物詩。
月餅が店頭に並び、無数のランタンが街を彩ります。>> 詳細はこちら中秋節の灯篭イルミネーション

9月30日(金)〜10月2日(日)

F1 シンガポールグランプリ
F1世界選手権シンガポールGP。
マリーナ地区に特設された市街地コースを走る「ナイトレース」が特徴。
10月24日(月) ディパバリ
光(善)が闇(悪)に打ち勝つことを祝うヒンドゥー教の祭日。別名「光の祭典」。>> 詳細はこちらDeepavali特設バザール
12月25日(日) クリスマス
イエス・キリストの生誕日。
華やかなイルミネーションに包まれるオーチャードロードはクリスマス時期の名物。>> 詳細はこちら 「アイオン」の2020年クリスマス・イルミネーション

 

2022年シンガポールの公式祝日

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ