シンガポールで日帰りリゾート気分!常夏のビーチカフェ「コーステス」

[更新] 再訪時の情報・写真を追加

毎日が常夏のシンガポール! 

夏を満喫するには、やっぱりビーチ。

波の音と海風を感じるビーチサイドのバーレストラン「コーステス」で、ゆったりとリゾート時間を過ごしませんか?

 


30分で行けるシンガポールの楽園セントーサ島


シンガポールの南端部に位置するセントーサ(Sentosa)島

セントーサ島シロソビーチのオブジェ
セントーサ島シロソビーチ

電車での行く場合、

①MRTノースイースト線(紫色)もしくはサークル線(黄色)で、ハーバーフロント(Harbour Front)駅へ。

②Vivo City3階からセントーサエクスプレス(モノレール)に乗り換えて、終着のビーチステーション(Beach Station)駅で下車。

パスポートも船の予約も不要、市街地から約30分というアクセスの良さ。思い立ったら即行けるシンガポールのトロピカルアイランドです。

 


海辺のカフェ「Coastes」で味わう非日常


■ おしゃれな西海岸風ビーチハウス

シロソビーチ(Siloso Beach)沿いのカフェやバーの中でも、イチオシなのが「コーステス(Coastes)」

「コーステス(Coastes)」入口
カリフォルニア西海岸にありそうなビーチハウス

白とブルーのカラーで統一されたサンベッドやデッキチェアが並ぶ砂浜に、潮風が吹き抜けるオープンデッキテラス。そして、目の前に広がる海!!

「コーステス(Coastes)」ビーチそばのテーブル席
椰子の木が映える青い空と海

照りつける太陽にぴったりの、南国リゾートの風景が揃っています。

「コーステス(Coastes)」テラス席
天井を覆うように吊るされた籠ランプが素敵

について注文が決まったら、入口近くにあるキャッシャーで、オーダーと支払いを先に済ませましょう。

注文したフードやドリンクは店員さんが運んできてくれますが、カトラリーやお水、ケチャップなどは、中央のテーブルから自分で持っていく半セルフサービス方式です。

■ 見た目も味も満点のフードメニュー

エッグベネディクトやパンケーキといった朝食メニューから、シーフード、パスタ、おつまみ系フィンガーフードまで、幅広いメニューが揃う「Coastes」。

「コーステス(Coastes)」ハンバーガー
好みの焼き加減で仕上げてくれる分厚いビーフパテ

中でも人気なのは、ボリュームたっぷりの「ハンバーガー」や「クラブハウス・サンドウィッチ」など、ビーチカフェの定番メニュー

「コーステス(Coastes)」クラブハウス・サンドウィッチ
クラブハウス・サンドウィッチ

スモークサーモンとポーチド・エッグがトッピングされた「ロスティ」も美味!

「コーステス(Coastes)」ロスティ

ヨーグルトやフルーツ盛り合わせといった軽食もあり。

「コーステス(Coastes)」ドリンク&フルーツ

「コーステス(Coastes)」ベリーヨーグルト

美味しいだけでなく、美しく盛り付けされた一皿一皿がフォトジェニック。お腹も心も大満足です。

■ 夕方のサンセットと、週末のブランチが人気

美味しい食事と、絶好のロケーション。特におすすめなのがサンセットを見ながらのディナー。

「Coastes」の最寄りのビーチステーション駅は、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールから2駅の距離なので、USSで遊んだ後にここで夕食というプランにもぴったり。日没の午後7時前後がベストタイミングです。

Coastes風景

また、週末のブランチも大勢の人で賑わいますので、要予約。

 

 


束の間の「日帰りリゾート」気分を味わえるビーチ・レストラン「Coastes」。

「コーステス(Coastes)」専用のビーチ
目の前に広がるビーチ

海辺で波の音を聞きながら、ゆったりと過ごす最高のひととき。忙しい日常を忘れて、たまには、こんな息抜きも必要ですよね!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ