お土産とティータイムの王道!シンガポールの高級紅茶ブランド「TWG」

The Wellbeing Group、通称「TWG」

2008年の創業から、わずか10年たらずでシンガポールを代表するまでになった高級紅茶ブランドです。

TWGの外観
ゴージャスなTWGの店舗

今回は「TWG」を徹底解剖

シンガポールでのティータイムとお土産選びは、コレさえ押さえておけば間違いなし!

 


TWGティーサロンでラグジュアリーな時間を


シンガポール国内のTWGで、ティーサロンを併設しているのは、マリーナベイサンズ、ION、高島屋、Republic Plazaの5店。

TWGマリーナベイサンズのティーサロン
TWGマリーナベイサンズ店(B1-122/125)

特におすすめなのは、2店舗を構えるマリーナベイサンズのティーサロン。

なかでも、新しく移転したばかりの地下1階のお店はお気に入り。

TWG緑の壁紙が素敵なティーサロン

植物モチーフが美しい緑の壁紙で、華やかに彩られた店内。

うっとりするほど素敵な空間で、夢のようなティータイムの始まりです。

■ 世界中から集められた800種類のティー

膨大な数のラインナップが並んだTWGのティーリスト。

紅茶のみならず、緑茶、烏龍茶、白茶、ルイボスティーなど、世界中から800種類以上のお茶が取り揃えられています。

TWGのティーリスト

飲み方も、王道のホットティーから、暑いシンガポールにぴったりなアイスティー、デザートのように濃厚なティーシェイクなど、バラエティ豊富。

TWG様々な紅茶が楽しめる

もしお茶選びに迷ったら、店員さんに相談するのが一番。

『ミルクティーが飲みたい』『アイスティーに合うお茶』『緑茶ベースのお茶』など、自分の好みを伝えると、希望にぴったりのお茶を教えてくれます。

■ 人気のアフタヌーンティー

お茶と一緒にいただきたいのが、アフタヌーンティーセット。

午後2時〜6時までの「ティータイムセット」は、組み合わせの数・種類が自分で選べるのが特徴。

好きなホットor アイスティーに、スイーツ一皿(スコーンかマフィン2個か、もしくはケーキ1個)がついた基本セット「1837」

ここに、フィンガーサンドをつけたセットが「シック(Chic)」

フィンガーサンドの代わりに、パン軽食(サンドイッチもしくはクロックサーモンなど)にして、さらにマカロン3個がついた「フォーチュン(Fortune)」

フィンガーサンドに、パン軽食、スイーツがついた2人分のセット「パリジャン(Parisian)」

といった具合に、組み合わせはお好み次第。自由自在にカスタマイズできるティーセットなのです!

TWGティーサロンのアフタヌーンティー
「Chic」ティーセット

この日、注文したのは「Chic」セット。

フィンガーサンドは、スモークサーモンのカナッペ、ミニトースト・サンド、クラブミートサンドの3つ。

どれもTWGのお茶が隠し味に使われています。

TWGティーサロンのフィンガーサンド

スイーツとしてチョイスしたのは、スコーン。

ホイップクリームと一緒に添えられているのは、紅茶の香りが爽やかな「ティーゼリー」

スコーンにつけていただくと、滑らかな口溶けとともに、ゼリーのほのかな甘味が広がります。
TWGティーサロンのスコーン

■ おすすめスイーツ

ティーサロンのショーケースに並んでいる芸術品のようなケーキたち。

甘さ控えめ、繊細で上品な味のケーキは、日本人好み◎。

TWGティーサロンのベリータルト
ベリータルト

人気のティーフレーバーから作られたアイスクリームやソルベ、マカロンも好評。

こちらは店内でいただくこともできるし、テイクアウトも可能です。

TWGのアイスクリームやマカロン

■ 朝食&ランチに人気の食事メニュー

スイーツ以外にも、エッグベネディクトやサンドイッチ、パスタなどの食事メニューも充実。

TWGティーサロンのクラブサンドウィッチ
クラブハウスサンドイッチ

高く積み上げられたパンと具の層が美しい「クラブハウスサンドイッチ」は、定番メニュー。

ボリュームたっぷりで、ランチにぴったりです。

 


本命土産はTWGティーブティックで


優雅なティータイムを過ごした後は、隣のティーブティックでショッピング

茶葉はもちろん、ポットカップ&ソーサーなどのティーアクセサリー、お茶の香りをベースにしたキャンドルなど、高級感のある商品は本命土産にも自分へのご褒美にも最適。

TWGのシンボリックなイエローの紅茶缶

■ おすすめ紅茶銘柄4選

TWGの一番人気は、色とりどりのデザイン缶に、人気のティーフレーバーが入った「オートクチュール・ティー」シリーズ。

数えきれないほどのラインナップから、自信を持っておすすめする紅茶4銘柄をご紹介。

TWGの人気紅茶
© TWG

① 1837 ブラックティー(1837 Black Tea)

TWGのロゴにも印字されている「1837」は、シンガポールで紅茶の自由貿易が始まった1837年を意味するシンボリック・ナンバー

この特別な数字を冠するシグニチャー・ティーは、紅茶にフルーツと花がフワッと香る正統派の一品。

② ティーパーティー(Tea Party)

ピンク地にうさぎのイラストが可愛い「ティーパーティー」は、パケ買い人気No.1

甘酸っぱいパイナップルやオレンジが香る紅茶で、不思議の国アリスのような素敵なお茶会を開いてみては?

③ シンガポールブレックファスト

紅茶と緑茶、そこにバニラやスパイスを加えた絶妙なブレンドティー「シンガポールブレックファスト」

シンガポールという文字とライオンが描かれたパッケージは、シンガポールのお土産にぴったり。

シルバームーン

日本人に特に人気の銘柄「シルバームーン」。まろやかな緑茶に、ベリーやバニラブーケの甘い香りが漂うフレーバーティー。

■ 100%コットン製のティーバッグ

TWGのコットンティーバッグ

便利なティーバッグにも、TWGならではのこだわりが。

茶葉が詰められているのは、なんとコットン100%の手縫いの布。こんな高級感溢れるティーバッグ、見たことない!

サロンでの優雅なティータイムが、お家で手軽に再現できるのがうれしいですね。

 


「TWG」ブランドの本拠地シンガポール。

伝統的な紅茶文化に、新しい価値観・スタイルを融合させたティーサロン&ブティックは、シンガポール旅行で、素通りするわけにはいかないスポットの一つです。

[TWG]

2 Bayfront Ave, B1-122/125 The Shoppes at Marina Bay Sands, Singapore 018972

https://twgtea.com/

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ