おしゃれさん必見!デザインで選ぶシンガポールの「ブティックホテル」

シンガポールで続々と誕生する「ブティックホテル」

今までにない斬新なコンセプトと秀逸なデザインで、大型ホテルとは違ったホテルステイを楽しめるのが魅力。

今回は、世界のトレンドセッターたちも注目するシンガポールの最旬デザイナーズホテル&ブティックホテル5をご紹介します。

 


ザ・ウェアハウス・ホテル


■ 倉庫を改装!インダストリアル系ホテル

「ザ・ウェアハウス・ホテル」は、シンガポール川沿いのロバートソンキーに建つ古い倉庫を改装したユニークなホテル。

The Warehouse Hotelのロビー
© The Warehouse Hotel

天井を無数に走る鉄骨から、車輪のような機械部品や電球が吊り下げられた大空間のロビー。

無骨なインダストリアル系デザインが、カッコイイ!

The Warehouse Hotelの部屋
© The Warehouse Hotel

MRTの駅まで15分ほどと少し距離があるのが難点ですが、お洒落なレストランやバーが集まるリバーサイドを散策するのも楽しいもの。

シンガポール随一のナイトスポット「クラークキー」にもほど近く、食べるところには困りません。

The Warehouse Hotel

ランク ★★★★

エリア クラークキー(クラークキー駅まで徒歩約15分)

地図320 Havelock Rd, Robertson Quay, Singapore 169628

料金目安2万6000円〜(1泊1室)

>> 空室・料金をチェック

 


ナウミ・ホテル


■ モダンでアートな都会のオアシス

ラッフルズホテルの裏側に位置する「ナウミ・ホテル」

それぞれにテイストが異なるインテリアでまとめられた部屋は、どれもモダンでスタイリッシュ。

ナウミホテルの部屋(エデン&ニルワナ)
© Naumi Hotel

小さいながらも、シンガポールの超高層ビル群を一望できる屋上プールは、まさに都会のオアシス。

ナウミホテルの部屋(オアシス)
© Naumi Hotel

エスプラネード駅、シティホール駅の2駅まで、ともに徒歩5分程度。マリーナエリアやアラブストリートにも近く、観光に便利なロケーション。

周囲には、おしゃれなレストランから、ローカルな老舗店など、食事の選択肢も豊富。

Naumi Hotel Singapore

ランク ★★★★

エリア シティ(エスプラネード駅まで徒歩約4分)

地図 41 Seah St, Singapore 188396

料金目安 2万円〜(1泊1室)

>> 空室・料金をチェック

 


ザ・スカーレット


■ チャイナタウンの隠れ家

チャイナタウンの伝統的なショップハウスを改装したデザイナーズホテル。

スカーレットホテルの部屋
© The Scarlet

「スカーレット」というホテル名が示すように、真紅をアクセントカラーとして、中華風スタイルをモダンに取り入れたインテリアがゴージャス。

スカーレットホテルの外観
© The Scarlet

ホテルの目の前は、有名な「マックスウェル・フードセンター」が、裏側には、高感度なバーやレストランが集まるアンシャン・ヒルクラブストリートがあります。

The Scarlet

ランク ★★★

エリア チャイナタウン(チャイナタウン駅まで徒歩約7分)

地図 33 Erskine Rd, Singapore 069333

料金目安 1万6000円〜(1泊1室)

>> 空室・料金をチェック

 


アモイ・ホテル


■ 古い寺院の奥に広がる驚愕のアジアン・モダン

全37室のこじんまりとした「アモイ・ホテル」

古い寺院の門をくぐると、思いもよらぬロビー空間が出現。宿泊者の度肝を抜きます。

Amoy Hotelのロビー
© Amoy Hotel

ホテル内は、伝統とモダンさをミックスしたオリエンタル・スタイル。部屋もコンパクトながらも、デザインと機能を兼ね備えた創意工夫が随所に見られます。

Amoy Hotelの部屋
© Amoy Hotel

テロックアヤのB出口を上がって、すぐ目の前という好立地。

すぐ隣に広がるチャイナタウンはもちろん、リトルインディア、アラブストリート(ブギス駅)、マリーナベイサンズ(ベイフロント駅)まで、MRTダウンタウン線(青色)で乗り換えなしでアクセス可能。

観光の拠点としてもパーフェクトです。

Amoy Hotel

ランク ★★★

エリア チャイナタウン(テロックアヤ駅まで徒歩約3分)

地図 76 Telok Ayer St, Singapore 048464

料金目安 2万円〜(1泊1室)

>> 空室・料金をチェック

 


ホテル・バガボンド


■ 黄金とベルベットのデカダンス

アール・デコ様式の古い建物を改装したブティックホテル「バガボンド」

耽美で退廃的な雰囲気を放つベルベットの赤とゴールドの輝き。あちこちに配されたアートやオブジェ。妖しくも不思議な魅力に囚われます。

Vagabond(バガボンド)のロビー
© Hotel Vagabond

色鮮やかな花柄に、写真の額縁が並ぶ壁など、部屋も大人シックな雰囲気。

Vagabond(バガボンド)の部屋
© Hotel Vagabond

マリオット・インターナショナル系列の「トリビュートポートフォリオ」に加盟。

普通のホテルステイに飽きたら、こんな個性的なホテルで、アートに浸る滞在もいいかも。

The Vagabond Club

ランク ★★★

エリア リトルインディア(ジャランベサール駅まで徒歩約6分)

地図 39 Syed Alwi Rd, Singapore 207630

料金目安 2万6000円〜(1泊1室)

>> 空室・料金をチェック

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ