英国軍コロニアルバーの残照「Colbar」シンガポール洋食ノスタルジー

都心部から少し離れたシンガポールの西部。

ワン・ノース駅周辺から伸びるポーツダウン・ロードのずっと先にある「ウェセックス」と呼ばれる一帯

駅からも遠く、本数の少ないバスが時折止まるのみ。そんな辺鄙な場所で、営業している一軒のお店があります。

知る人ぞ知る老舗食堂「コルバー(Colbar)」です。

緑豊かなWessex EstateにあるColbar

はじまりは、この周辺に駐屯していた英国軍人が集まる食堂だったコロニアルバー

以来、「コルバー」として親しまれるようになったお店は、その看板を掲げ続けて半世紀以上

今日も、ウェセックスの豊かな緑の中に埋もれそうになりながら、昔と変わらぬスタイルを貫いています。

 


1950年代の雰囲気を残すレトロ食堂


■ 創業時のスタイルは変わらぬまま

創業1953年という、シンガポールの建国より古い歴史を誇る「コルバー」。

Colbarの外観

鬱蒼としげる木々のアプローチを進むと見えてくる、鮮やかなターコイズブルーの壁に、赤文字で書かれた「COLBAR」の看板。

一度、高速道路の高架建設のために、創業時のJalan Hang Jebatから、現在のWhitchurch Rdに移転したものの、その原形は変わらぬまま。

移転前(1998年)のColbar
壁の寄せ書きに描かれている移転前の「Colbar」

■ 「コルバー」の記憶がつまったアイテムたち

ドアの目の前を我が物顔で占拠しているのは、年季の入った体重計。昔も今も、コルバーの守り主のように、入口に鎮座しています。

Colbarの入口に置かれた体重計

室内は、注文・支払いをするカウンターのある入口のスペースと、その隣の部屋にある10畳ほどのインドア席という作り。

Colbarのインドア席
壁に飾られた集合写真
Colbarの窓際の席
格子窓がいい感じ

黒ずんだ壁や床に、使い古されたテーブルとイス。部屋の片隅で回っている扇風機。

そして、額縁の色あせた写真たち。

Colbarの店内

一つ一つのアイテムが、このコルバーが紡いできた年月と、その物語を教えてくれます。

Colbarの半屋外テラス
かなりの席数がある広いテラス

平屋の半分は、屋根のみの半屋外スペース

もちろんエアコンなどはありませんが、吹き抜ける風と四方を囲む木々の緑が気持ち良いテラス席です。

Colbarのドリンク

ここに陣取って、食事が運ばれてくるまで、ゆったりと休憩します。

 


中華×ウエスタンのシンガポール的洋食


参考までに、メニューはこんな感じ。サンドイッチなどの軽食から、肉系のメイン、ローカルの麺や飯ものなど、幅広いラインナップ

Colbarのメニュー

前述した入口のカウンターで、注文・支払いを済ませましょう。

■ シンガポール洋食の王道「ポークチョップ」

コルバーの人気No.1「ポークチョップ」

日本では、そこまで馴染みのない料理ですが、シンガポールではローカルの食堂などで「ウエスタン・フード」といえば必ず出てくる洋食の王道メニューです。

Colbarのポークチョップ

肉厚のボリューミーな豚肉が2枚。そこにトロミのあるブラウンソースがたっぷり。

ウエスタンと中華風を折衷したような味付けが、日本人の口にも合う「ハイナンニーズ・ポークチョップ」です。

■ イギリス名物「フィッシュ&チップス」

イギリスを代表する料理といえば「フィッシュ&チップス」

揚げたての白身魚は、外はカリッと中は柔らか。シンプルですが、美味しい一皿。

Colbarのフィッシュ&チップス

その昔、英国軍の兵士たちも故郷を懐かしみながら、この「フィッシュ&チップス」を食べていたのでしょうか?

■ スペシャルな具沢山「フライドライス」

こちらの「フライドライス」は、ただのフライドライスではありません!

何たって「フライドライス・スペシャル」なのですから。

Colbarのフライドライス・スペシャル

見てください、この色鮮やかなトッピングの数々を!

キュウリやトマト、ハム、おまけに目玉焼きまで乗った、まさに具沢山の大盤振る舞い。今どきのインスタ映えではないけれど、お客さんを楽しませようという心意気に、ほっこりする一皿です。

 


車でないと、なかなかアクセスしづらい場所ですが、MRTのワンノース駅もしくはブオナビスタ駅からタクシーで10分もかかりません。

いつもと違う体験・気分を味わいときなどに、お出かけしてみてはいかがでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ