ミシュラン星のホーカー飯「ヒルストリート・タイホア・ポークヌードル」

[更新] ミシュラン・シンガポール2022

先日発表されたばかりの「ミシュラン・シンガポール2022」並びにミシュラン・ビブグルマン

2016年の初刊において、「ミシュラン一つ星」に選ばれて話題になったホーカー屋台2軒

  1. ヒルストリート・タイホア・ポークヌードル
  2. リャオファン・ホーカー・チャン

しかし昨年、ホーカー・チャンは星を失い、2022年現在、「ミシュラン一つ星」のホーカー飯と言えるのは「ヒルストリート・タイホア・ポークヌードル」のみ!

今回、シンガポールの唯一のミシュラン・ホーカーで、名物のバクチョーミーをいただきます。

 


「タイホア」へのアクセス・行き方


■ ラベンダー駅からの最短ルート

公団(HDB)下のホーカー内にお店を構える「ヒルストリート・タイホア・ポークヌードル」

お店へは最寄りのラベンダー(Lavender)駅から、駅前の大通りビクトリアストリート経由で行くことも可能ですが、かなりの大回り。

最短ルートは下記のとおり。

TaiHwaへの最短ルート地図

①ラベンダー駅のA出口を上がる。

②ICA(入国管理局)ビル正面の通路を左側へ

を渡ってクローフォード公団へ。

クローフォード公団前の橋
橋の奥に見える団地群がクローフォードコート

466号棟を目指す(橋を渡ってから右へ)。

TaiHwa公団
団地の側面に示された棟番号「466」を目印に

1階にあるフードコートは、規模も店舗数もそれほど大きくはないので、「タイホア」のストールはすぐ見つかるでしょう。

 


バクチョーミーひとすじ「タイホア」


■ 唯一無二!ミシュラン・ホーカー飯

複数のストールが集まるホーカーの右端に位置する「タイホア」。

TaiHwaストール

ミシュラン獲得後も、支店はつくらないというオーナーの信念を堅持。

TaiHwaミシュラン盾や新聞記事

この間口2メートルにも満たない小さな屋台が、ミシュラン一つ星のホーカー飯を味わえる唯一の場所となっています。

 

■ 渾身の一杯!バクチョーミー

タイホアの名物は、「バクチョーミー(肉脛麺)」と呼ばれる豚肉のそぼろを載せた麺料理。スープの有・無、麺の種類をチョイスできます。

値段はサイズによって、小$6、中$8、大$10。

TaiHwaメニュー

狭いカウンターの中で、ご主人(2代目)自ら腕を振るって、一杯一杯丁寧に作っていきます。

タイホア値段とサイズ

長い待ち時間の末、ようやくゲットした一皿がこちら。

麺の上には、豚ひき肉のそぼろ、レバー、フィッシュボール、ワンタンなどの具がたっぷり。麺の下には黒酢が効いたタレ。全部混ぜ混ぜしていただきます。

タイホアのバクチョーミー
平麺(ミーポッ)、汁なし(ドライ)、$6(小)、スープ付き

茹で加減がパーフェクトの平たい卵麺は、モチモチしていて美味しい!

平麺によく絡んだ黒酢タレは、混ぜることで更にまろやかになったのか、ツーンとした感じは皆無。

歯ごたえのあるそぼろに、柔らかいレバーといったように、それぞれに食感の異なる具が、一口一口に変化を添えます。

バクチョーミー初体験でミシュラン一つ星。あっという間に完食しました!

 


シンガポールの食を象徴するホーカーで唯一のミシュラン飯。一度試す価値あり。

Hill Street Tai Hwa Pork Noodle/吊橋頭 大華豬肉粿條麵

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ