元祖・世界一安いミシュラン飯!星を喪失した「ホーカー・チャン」の今

※ 記事内に広告を含む場合があります

ミシュラン・シンガポール版が初刊された2016年、ミシュラン一つ星を獲得したホーカー飯ということで、一躍脚光を浴びた「ホーカー・チャン」

『世界一安いミシュラン飯』を謳い文句に、ビジネスを拡大し続けてきましたが、なんと2021年度版でミシュラン星を喪失。

一つ星を失った「ホーカー・チャン」の今を追跡します。

 

HAWKER CHAN

シンガポールに5店舗「ホーカー・チャン」


■ 出発点はチャイナタウンの小さな屋台

2016年にミシュラン1つ星を獲得し、突如として注目を浴びた「ホーカー・チャン」

チャイナタウンSmithSt

もともとのスタートは、チャイナタウンの古い商業施設「チャイナタウン・コンプレックス」内のホーカーから。

チャイナタウンコンプレックス

250以上のストールがひしめく巨大フードセンターの中でも、とりわけ長い行列ができている「#02-126」の屋台

Liao Fanのストール#02-126

ここが「ホーカー・チャン」の原点であり、もとミシュラン1つ星を獲得していたお店です。

 

■ ビジネス拡大中!シンガポールに5店舗

ミシュラン獲得後、チャイナタウンのスミスストリートに2店舗目をオープン。

座席数80、エアコン完備の2号店は、もはやホーカーというより、レストランといった感じ。観光客にも入りやすそうな雰囲気です。

Liao Fan支店レストラン
78 Smith Stにある路面店

こちらの2号店は、オリジナルの屋台がミシュランの星を失ったのちも、ミシュランのビブグルマンに選ばれています。

Liao FanのオーナーシェフMr Chan Hon Meng
チャン・ホンミン氏(Mr. Chan Hon Meng)

その後もビジネスを拡大し、現在シンガポール国内に5店舗、海外へも進出。

屋台のご主人、チャン・ホンミン氏は、なかなかのやり手のようです。

 

FOODS

香港風チキンライス&ヌードル


■ 元祖!世界一安いミシュラン・ホーカー飯

2016年当時は、チキンライス$2、チキンヌードル$2.5で、文字どおり『世界一安いミシュラン飯』と謳われたホーカー・チャンのシグニチャー。

Liao Fanメニュー

現在では、$3.5、$4と値上げ(1号店)。

それでも500円以内ですから、安いのには変わりありません。

Liao Fan香港ソヤソースチキンライスアンドヌードル

 

■ 海南とは別物!香港風チキンライス

いざ実食。

こんがりした焼き色と照りが美しいチキンに、期待が高まる「チキンライス」

骨が結構ある部位だったのが残念でしたが、ローストされた皮の甘みと、中のしっとりした肉のカンジは悪くはありません。

Liao Fanチキンライス

しかし、「香港風」かつ「ソヤソース」が特徴の、ホーカー・チャンのチキンライス。

鶏の出汁で炊かれた「海南風」チキンライスと異なり、ご飯は普通のジャスミンライス。その上からドバッとかけられたダークソースの味が全てを凌駕していて、ソース飯という印象。

いくら安くても、この「チキンライス」は、個人的にはイマイチ。

Liao Fanチキンヌードル

ライスと比べて、「チキンヌードル」のほうはアタリでした。

骨もなく、肉厚なチキン。コシがあって喉ごし抜群の細い卵麺。

ミシュラン一つ星に値するかどうかは賛否があると思いますが、約500円以内でこの味とボリュームなら、コストパフォーマンスの高い一皿であることは間違いなし。

食べるなら、断然「チキンヌードル」がおすすめです。

 


ミシュランの星を失ってしまったものの、ビブグルマンに名を連ねている「ホーカー・チャン」。これからの行方にも、引き続き注目です。

そして「ホーカー・チャン」の陥落により、シンガポール唯一のミシュラン1つ星ホーカーとなったヒルストリート・タイホア・ポークヌードルも要チェック!

Liao Fan Hawker Chan/了凡 香港油鶏飯麺

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ