マレー半島縦断1800km『深夜特急』の旅③:寝台列車でタイの国境越え

DAY 2

2019年12月14日(土)

午前中、中華街の半日散策で過ごした前回からの続き。

いよいよ、旅序盤のメインイベントの一つ、タイ国鉄の寝台特急に乗車。

これで、バンコクからマレーシア国境の街「パダンブサール」まで一気に南下する行程です!

 


バンコク中央駅「フアランポーン駅」へ


14:00pm

■ トゥクトゥクで、いざ出陣!

14時ごろ、ホテル「シャンハイ・マンション・バンコク」を出発。

当初、駅までは歩いていこうと思っていましたが、ホテルの前にいたトゥクトゥクを見た途端に予定変更。

トゥクトゥクでホテルからフアランポーン駅へ

バンコクらしくトゥクトゥクで、駅までの道を疾走します!

14:10pm

■ バンコク中央駅「フアランポーン駅」

「フアランポーン駅」に到着しました。

タイ国鉄のバンコク中央駅「フアランポーン駅」

1916年の開業以来、タイ国鉄の主要路線が発着するバンコク中央駅として、多くの旅人たちが行き交った「フアランポーン駅」。

残念ながら、2021年のバンコク中央駅の移転計画に伴い、駅としての役割を終えることが発表されました。

タイ国鉄のバンコク中央駅「フアランポーン駅」の沿革

ドイツのフランクフルト中央駅をモデルにしたいうドーム型の駅舎は、100年経った今でも、全く色褪せることのない堂々たるもの。

タイ国鉄のバンコク中央駅「フアランポーン駅」

入口すぐの待合フロアは、ドーム状の天井に、柱一つない大空間が圧巻。正面のガラス窓からは、明るい光が差し込みます。

バンコク中央駅「フアランポーン駅」の待合ホール
フアランポーン駅コンコース

聞こえてくるタイ語や、周りの雑多な雰囲気。異国の地にいる実感がフツフツ湧いてきました。

 

14:20pm

■ タイの列車チケットの予約・購入

フロアの端にある列車のチケット売場。

タイ国鉄の切符は、駅の窓口で買うか、オンライン購入することも可能。

タイ国鉄のチケット売場

■ 簡単!タイ国鉄のサイトで予約・購入

バンコクからパダンブサール行きの寝台特急45号は、1日一本。

今回は、ホリデーシーズン中の土曜日出発ということもあって、あらかじめタイ国鉄の公式サイトで予約・購入しました。

タイ国鉄のオンライン予約でのシートマップ

サイトでは、シートを自分で選択することが可能。

特急No.45は1等室の設定はなし。2等室・2段ベットで、料金は上段が870バーツ下段が960バーツでした。

タイ国鉄の寝台特急No.45のeチケット

チケットの購入(カード使用可能)が完了すると、登録アドレス宛にEチケットが送られてきます。

あとは、当日このチケットのプリントアウトを持参するだけ。窓口での引き換えは不要です。

メモ

オンラインチケットの予約・購入は、出発の90日前から。

■ 電光掲示板で列車の運行情報をチェック

チケットカウンターのところにあった電光掲示板で、列車の運行状況・プラットフォームを確認。

フアランポーン駅のタイムテーブル

特急45号は予定どおりの15時10分、4番線のりばから出発です。

 


バンコク〜マレーシアを結ぶ国際列車


14:30pm

■ パダンブサール行き寝台特急45号

発車まで、まだ30分以上あるのですが、プラットフォームのほうに行ってみます。

タイ国鉄のバンコク中央駅「フアランポーン駅」の4番ホーム

モニターに表示された4番線の列車情報。

  • 行き先「Su-Nagai Kolok/PBS」
  • 列車番号「37/45」

これは、スンガイコーロック行き特急37号とパダンブサール行きの特急45号の2つが連結されている混成編成という意味(PBSはパダンブサールの略)。

途中のハジャイ駅で、前方・後方車両で切り離しが行われて、それぞれ最終目的地へと向かいます。

タイ国鉄のバンコク中央駅「フアランポーン駅」
タイ国鉄での正式名は「クルンテープ駅」

構内の中央に設置された「Bangkok」の駅看板

2021年には、ここがバンコク中央駅ではなくなってしまうことを思うと、寂しさが込み上げてきます。

タイ国鉄の寝台特急No.45
パダンブサール行き寝台特急45号

4番線には、すでに列車がスタンバイ。

後方側がスンガイコーロック行き車両、前方側がパダンブサール行き車両。途中には、食堂車も連結されていました。

タイ国鉄のパダンブサール行き寝台特急No.45
2号車には「バンコク ー パダンブサール」の表示

2号車から、いよいよ車内へ乗り込みます!

14:40pm

■ タイ国鉄・旧型寝台列車の車内設備

タイ国鉄の一部では、中国製の新型寝台列車が導入されている路線もあるようですが、パダンブサール行きの特急45号は旧型車両

飾り気のないグレーのシートに、くすんだ白壁。年月を感じさせるレトロな車内は、旅情たっぷり。

タイ国鉄の寝台特急の座席
タイ国鉄・旧型寝台列車2等車の内部

一つのブロックに、2席が向かい合うボックスシート型の座席。

就寝時は、シート部分をズラして、真ん中の隙間を埋めれば、下段ベットに変身。上段ベットは、頭上の壁部分を手前に引けば出来上がり。

タイ国鉄の寝台特急No.45の座席

座席番号は、シートの側面に表示。上段ベットに上がるための階段もついています。

タイ国鉄の寝台特急No.45の設備

旧型車両の場合、コンセントは中央(18番席と21番席の間)の一箇所のみ。計4口の電源タップがありました。

電源プラグ形状は日本と同じA型タイプ

タイ国鉄の寝台特急の洗面所・トイレ
洗面所とトイレ

長距離移動で気になるのが、トイレ。古い車体からイメージしていたより、意外に綺麗で一安心。トイレットペーペーも付いていました。

 


マレーシア国境まで18時間の鉄道旅


15:25pm

■ バンコク「フアランポーン駅」を出発

予定出発時刻より遅れること15分、列車が「フアランポーン駅」を発車しました。

目的地、マレーシア国境の「パダンブサール駅」には、翌朝8時53分の到着予定。約18時間もの鉄道旅です。

タイ国鉄の寝台特急No.45が出発

しばらくは、ビルや高速道路の見えるバンコク市街・近郊エリアを走る列車。

タイ国鉄のバンバムル駅

駅に停車するたびに、食事やお菓子・スナックなどをカゴにいれた売り子さんが登場。即席車内販売が始まります。

夕食として、美味しそうなガパオライスを購入。

そうそう、車掌さんによる切符の検札もありました。

17:30pm

■ 夕日を見ながらの食事

太陽がだいぶ傾いてきました。

この頃になると、車窓から見えるのは広大な自然の景色。

タイ国鉄の寝台特急No.45から見えるサンセット

サンセットを眺めながら、夕食のガパオライス。美味しかったです。

車内販売で買ったガパオライス

18:30pm

■ ベットが完成&就寝

日が完全に落ちた6時20分ごろから、ベット・メイキングがスタート。

各車両に1人ついてくれているキャビン・アテンダントさんが、一つ一つセッティングをしてくれます。

タイ国鉄の寝台特急No.45でベットメイキング

クッションには枕カバー、シートに敷いたマットレスにはシーツ。最後にカーテンをつけて完了。

タイ国鉄の寝台特急No.45のベット完成
下段ベット

こちらが本日の寝床。上段ベットは窓なし、下段ベットは窓あり。

ベット幅は70〜80cmくらい。長さも、まっすぐ足を伸ばすことが十分可能。

タイ国鉄の寝台特急No.45のベット上段
上段ベット(左)

カーテンを閉めれば、個室感のある快適空間に早変わり!

タイ国鉄の寝台特急、就寝時の車内

車内のライトは夜になっても消灯しないので、もし気になる人はアイマスクがあるとベター。

あと、列車には警察官も乗っているので、防犯面でも安心。

パダンブサール行き寝台特急、夜の現在地

21時45分ごろの現在地。約6時間経過して、ようやく3分の1ほど進んだくらい。パダンブサール駅までは、まだまだです。

 


パダンブサール駅に到着


06:30am

■ 寝台特急で迎える朝

おはようございます。マレー半島縦断旅3日目の朝です。

ぐっすり眠って、目覚めはスッキリ。でも外はどんよりした曇り空。

タイ国鉄の寝台特急No.45で迎える朝

食堂車の人が車内に来て、朝食や飲み物のオーダーをとりにきてくれます。

注文したミロと、持っていたクッキーやスナックで軽い朝食。

タイ国鉄の寝台特急No.45から見える風景

だんだん晴れ間が見えてきました。

08:30am

■ 「ハジャイ駅」で車両の切り離し

タイ南部の「ハジャイ駅」に到着。

タイ南部のジャンクション「ハジャイ駅」

前方車両は南西の「パダンブサール」へ、後方車両は南東の「スンガイコーロック」へと、ここで分岐。

タイ南部「ハジャイ駅」での切り離し作業

車両の切り離し作業のため、30分ほど停車しました。

09:45am

■ マレーシア国境「パダンブサール駅」到着

「ハジャイ駅」を出発したのが、9時ごろ。

この寝台列車の旅も、いよいよ終盤に近づいてまいりました。

タイ国鉄の寝台特急No.45からの車窓

最後に気をつけないといけないことは、「パダンブサール駅」が、タイ側とマレーシア側の両方に存在するという点。

目指すのは、タイ国境を超えたマレーシア側の「パダンブサール駅」なので、お間違えなく。

このことは切符を購入する際にも、留意しておく必要があります。

マレーシア国境「パダンブサール駅」

9時45分、マレーシア国境の「パダンブサール駅」到着。

予定では8時53分着だったので、約1時間の遅れ。

パダンブサール駅に到着したタイ国鉄の寝台特急No.45

バンコクから19時間を共にした寝台列車とも、ここでお別れ。

べットでゆっくり休むことができたので体調良好。

ここからマレーシアに上陸です!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ