タイからシンガポールまで!マレー半島縦断1800km『深夜特急』の旅

『深夜特急』の旅をテーマに、バンコクからシンガポールまでを巡るマレー半島縦断旅。

シンガポールに来てから、ずっと思い描いていた夢の一つを、2019年の年末に決行。

13日間にわたる大冒険の記録をお届けします!

 


21世紀的『深夜特急』旅のススメ


■ 旅のバイブル『深夜特急』

沢木耕太郎氏が自身の旅の経験をもとに書き下ろした『深夜特急』

バスを乗り継ぎながら遥かロンドンを目指すという、自由気ままな旅のスタイルが、バブル時代真っ只中の日本に衝撃を与え、一躍バックパッカーのバイブルとなった紀行小説の金字塔。

1986年の刊行から30年以上経て、世の中は様変わりしましたが、この本が教えてくれた「自由な旅」への憧れは増すばかり。

バックパッカーのバイブルとよばれる「深夜特急」(沢木耕太郎著)

特に第2巻(文庫版)に描かれた、バンコクからペナン〜マラッカを経て、シンガポールへ至るマレー半島縦断

シンガポールで暮らすようになってから、同じような縦断旅をしたいと思ってきました。

■ 私的ルール適用!旅をカスタマイズ

気ままな旅とはいっても、休める日数には限りがある身。

当日現地で宿を探したり、行き当たりばったりで移動を決めたりするのは、スケジュール的にリスク大。ホテルや鉄道チケットは確保していくことに。

さらに自分にとっては、ホテルで過ごすのも「旅」の楽しみの一つ。泊まる場所にも、こだわりあり。ということで、

  • 都市間は全て列車での移動
  • ホテル・鉄道チケットはあらかじめ予約
  • バックパッカー的な旅がしたいわけではない
  • 疲れたら休む、無理しない

などなど私的ルールを優先して、旅を自分流にカスタマイズ。

 


マレー半島縦断1800kmのルート


■ タイ〜マレーシア〜シンガポールへ南下

旅のスタートはバンコク中央駅「フアランポーン駅」、ゴールはシンガポール「ウッドランズ・チェックポイント駅」

途中、ペナン、イポー 、クアラルンプール、マラッカとマレーシアの4都市に滞在。

最終日に、マラッカからシンガポールへ入国するというルートです。

 


旅の行程・スケジュール


■ 絶対にやりたいこと

  • フアランポーン駅(バンコク中央駅)から旅に出る
  • 海外の寝台列車に乗る
  • 土地の名物を食べる
  • ヘリテージホテルに泊まる
  • マラッカの夕日を見る

■ 13日間の全行程

日程 場所 内容
12/13(金) タイ タイ・バンコク前乗り
12/14(土) バンコク中華街、半日散策
寝台特急で国境越え
12/15(日) ペナン ④マレーシア入国〜バタワースへ
12/16(月) ⑤ジョージタウン散策
12/17(火) ⑥ペナン観光
⑦イポーへ移動
12/18(水) イポー ⑧初めてのイポー
12/19(木) ⑨廃墟の城「ケリーズ・キャッスル」
12/20(金) ⑩首都クアラルンプールへ
12/21(土) クアラルンプール ⑪KL観光
12/22(日) ⑫マラッカへ移動
12/23(月) マラッカ ⑬マラッカ観光
12/24(火) ⑭マジェスティック・マラッカ宿泊
12/25(水) シンガポール ⑮最後の大移動(マラッカ〜JB〜シンガポール)

 


タイ・バンコク編


■ あらすじ

マレーシア半島縦断の出発前夜、シンガポールからエアアジアのフライトでタイ入り。

バンコク中央駅「フアランポーン駅」に近い中華街で宿泊することに。

チャイナタウンでの食べ歩き&路地裏探検から、おしゃれなブティックホテル、チャオプラヤー川沿いの隠れ家カフェなど、束の間のバンコク滞在を満喫。

タイ国鉄の寝台特急No.45

そして、ついにタイ国鉄の寝台特急45号に乗車!

バンコクからマレーシアとの国境「パダンブサール駅」を目指します。

① シンガポールからタイ・バンコクへ前乗り

② バンコク中華街「ヤワラート」半日散策

③ タイ国鉄の寝台特急でマレーシアの国境へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ