あの時代・記憶が蘇る!壁画アーティスト「Yip Yew Chong」初個展

シンガポールの壁画アートの第一人者、Yip Yew Chongさんが、待望の初個展を開催中。

これまでシンガポールの街中を活動の場にしてきたYipさんが、初めて試みるギャラリーでの作品発表ということで、話題を集めています。

Yip Yew Chongの初個展「Something Somewhere Somewhen」新聞記事
地元の有力紙「The Straits Times」でも特集

今回は、シンガポール在住日本人の間でもファンの多いYipさんの初個展をリポートします。

 


「Something, Somewhere, Somewhen」


■ 第1〜3作目の壁画のあるエリアでの初個展

会場は、オートラムパーク駅から徒歩約10分ほどの場所に位置する「Art Porters Gallery」

プラナカンの歴史的建物が並ぶ通りにある一軒のショップハウスを利用したギャラリー。

Art Portersで開催されたYip Yew Chongの初個展「Something Somewhere Somewhen」
Art Portersの展示室

この近くには、Yipさんの第1作目にあたる「Amah」、第2作目「Barber」、そして第3作目「Provision Shop」の壁画があり、まさに始まりの地ともいえる場所です。

Yip Yew Chongの初個展「Something Somewhere Somewhen」

『Something, Somewhere, Somewhen』と題された初個展。

今まで描いてきた9つの壁画テーマを再解釈した3連作と、15の作品が展示されており、購入することが可能。

■ ついに判明!あのカレンダーの日付の意味

ギャラリーの一角に掲げられたカレンダー。

Yipさんの直筆で、初個展のタイトルに込められたメッセージが語られています。

Yip Yew Chongの初個展「Something Somewhere Somewhen」カレンダーに書かれた自筆メッセージ

このカレンダーに赤丸で印がつけられている1月12日は、今回の初個展がスタートした日なのですが、何とこの日はYipさんのお誕生日とのこと。

Yip Yew Chongの初個展「Something Somewhere Somewhen」1月12日は誕生日

初めてカレンダーが登場した「Barber」から、「Home」、「Letter Writer」、「My Chinatown Home」など、幾度となく繰り返し使われてきたカレンダーの日付の謎が解けました。

 


簾・イス・お皿・洗濯板もキャンバスに


■ Something

展示室の中央正面に掲げられていたのは、「チョンバル・バードコーナー」

簾(すだれ)にアクリル絵具で描かれた大作。

Yip Yew Chongの初個展「Something Somewhere Somewhen」の作品「Tiong Bahru Bird Corner」
Tiong Bahru Bird Corner

木製イスに描かれているのは、懐かしのエアメール封筒とガラケー。

Yip Yew Chongの初個展「Something Somewhere Somewhen」の作品「Letter & Handphone」
Letter & Handphone

この作品は、購入者が希望する宛先やメッセージを、Yipさんが最後に書き加えてくれるサービス付き!

Yip Yew Chongの初個展「Something Somewhere Somewhen」作品「Reunion Dinner」
Reunion Dinner

ラミネート素材のテーブル天板に描かれた「リユニオン・ディナー」

旧正月を迎えた、この時期にタイムリーなモチーフです。

Yip Yew Chongの初個展「Something Somewhere Somewhen」展示品

テーブルがセットされた奥の展示室。シンガポールを象徴するような食べ物が、食卓や壁に並んでいます。

Yip Yew Chongの初個展「Something Somewhere Somewhen」の作品

実物のエナメル食器に、ナシレマやロティ・プラタといったローカルフードを描かれた作品。美味しそう!

Yip Yew Chongの初個展「Something Somewhere Somewhen」

その他、洗濯板木製まな板などをキャンバスに見立てた作品もあって、Yipさんらしいウィットにとんだ遊び心も健在です。

 


あの壁画が蘇る!シンガポールの原風景


■ Somewhere, Somewhen

3つの絵画をひと固まりにした3連作は、今までYipさんが街中に描いてきた壁画テーマを再解釈したもの。

Yip Yew Chongの初個展「Something Somewhere Somewhen」の作品「Amah」
Amahの3連作

プラナカン食器とお菓子、サロン(巻きスカート)、そして洗濯板で再構成されたのは、「Amah」の3連作

Yip Yew Chongの初個展「Something Somewhere Somewhen」展示品

「Letter Writer」の3連作には、先ほど判明した1月12日の日めくりカレンダーが登場しています!

Yip Yew Chongの初個展「Something Somewhere Somewhen」の作品「Letter Writer」
Letter Writerの3連作

壁画でイキイキと描かれていた、あの場面、あの時代、あの記憶が新しい切り口で蘇ります。

 


初個展『Something, Somewhere, Somewhen』は3月14日まで開催中。

個展のカタログは、Yipさんの公式サイトからダウンロード可能です。

早くも2回目の個展Stories from Yesteryearも始まっているので、そちらの方も要チェック!

 

Something, Somewhere, Somewhen

会期2021年1月21日〜3月14日

会場Art Porters Gallery (64 Spottiswoode Park Rd, Singapore)

サイトhttps://yipyc.com/

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ