シンガポール限定!ファストフードのご当地メニュー「チリクラブ」

ファストフード店やチェーン店から、折々に登場する「期間限定メニュー」

特に、ローカルフードに着想を得たご当地メニューは、シンガポールだけで味わえると、現地の人にも観光客にも大人気。

この8月、各店が申し合わせたように出したのが「チリクラブ」味

シンガポールを代表する名物料理が、どういう風に変貌を遂げたか、片っ端から食べつくすという自己満足な企画です…。

 


ポパイズの「Chic & Crab Mantou」


日本には未上陸の「ポパイズ・ルイジアナ・キッチン(Popeyes)」

本家アメリカでは、ケンタッキーフライドチキンと二分するほどの人気を誇るファストフードチェーン店です。ポパイズのロゴ&看板

そのポパイズがシンガポールで期間限定メニューとして発売したのが、その名も「Chic & Crab Mantou」

ポイントは、チリクラブには欠かせない「マントウ(揚げパン)」をバンズの代わりに使っていること。

いつもチリクラブを食べるときに、多くの人が思う『カニの殻を剥くのは面倒だから、ソースと揚げパンだけ注文できないかなぁ』という心の声。

ズバリ、この要望に応えた商品が「チリクラブ・マントウ」です!

ポパイズのChic&Crab

大きさは、普通のハンバーガーよりも小さいミニサイズ。

ソフトシェルクラブを挟んだ「チリクラブ」と、フライドチキンを挟んだ「チキン・マントウ」の2種類セット。

マントウに、病みつきになる甘辛ソースという黄金コンビで、チリクラブ欲の80%は満たしてくれる一品

期間 2018年7月24日〜9月3日
店舗 ポパイズ全店
価格 セットで$9.9(チリクラブ・マントウ1個、チキン・マントウ1個、マッシュポテト、ペプシ)

 


老曽記の「チリクラブ・フェスト」


一坪ほどの売り場でカレーパフなどの軽食スナックを販売する「老曽記(オールドチャンキー)」は、シンガポールの至るところで見かけるチェーン店。

オールドチャンキーのロゴ&チリクラブバンの看板

「チリクラブ・フェスト」と題するキャンペーンの期間中、2つの特別メニューがお目見え。

一つは、老曽記スタートの地にオープンしたコーヒーショップREX店のみで限定発売の「Chilli Crab Bun」

揚げ物が多い老曽記では珍しいパン生地に、本物のカニの身を使った具がたっぷり。チリソースのピリッとした辛さに、ほのかに甘いパンがマッチします。

オールドチャンキーの限定チリクラブの商品

もう一つは、老曽記の看板商品「カレーパフ」と同じ形状ながら、赤くなった色が目をひく「Chilli Crab’O」

前述のチリクラブ・バンと同じく、本物のカニ身を使用した具。

どっちかというと、外側のパフ部分と、中身の具の分量バランスがとれているチリクラブ・バンのほうが好みかな。

オールドチャンキーのChilli Crab'O

期間 2018年8月1日〜31日(在庫限り)
店舗 チリクラブ・バンは老曽記コーヒーショップRex店のみ。チリクラブ’Oは老曽記全店。
価格 チリクラブ・バンは$2。チリクラブ’Oは2個で$4(1個$2.2)

 


ブレッドトークの「チリクラブ・パフ」


アジア各地でフランチャイズ展開するシンガポール発のパン屋「ブレッドトーク(BreadTalk)」

ブレッドトークのロゴ

カニの姿に形取られたパイに、ちょこんとのったつぶらな瞳。

まずは、かわいいルックスで、まずは女子と子供のハートを鷲掴みにする「Chilli Crab Puff」
ブレッドトークのチリクラブパフ

ブレッドトークのチリクラブパフの中身
外側は、クロワッサンとパイの中間のような生地。サクッとした食感は、さすがパン屋さん。中のチリソースも、ピリッとスパイスが効いた本格派。

見た目だけと侮ることができない一品です。

期間 2018年8月1日〜19日
店舗 ブレッドトーク全店。
価格 4個で$8(1個$2.2)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ