【なぜ?】日本とシンガポールの時差は1時間!歪んだタイムゾーンの謎

※ 記事内に広告を含む場合があります
SGT
8:14
2024年6月16日(日)

■ 日本との時差:1時間(日本より1時間遅い)
■ 世界標準時での表記:UTC+8 / GMT+8
■ サマータイム:なし

 


シンガポールの標準時と日本との時差


■ シンガポールの標準時(SGT)について

ただ今、シンガポールの標準時(SGT=Singapore Time)は、8:14

世界標準時には、測定方法の違いによって、協定世界時(UTC=Coordinated Universal Time)とグリニッジ標準時(GMT=Greenwich Mean Time)の2つがありますが、どちらにおいてもシンガポールは世界標準時+8のタイムゾーンに属しています。

日本とシンガポールの時差ーアジア3都市(バンコク・シンガポール・東京)の時計

アメリカやロシアといった国土の広い国では、国内で複数の標準時が存在することもありますが、シンガポールの標準時は1つ

またサマータイム(夏時間)の導入もなく、季節によって時間が進んだり・遅くなったりすることもありません。

 

■ 日本との時差は1時間

日本とシンガポールの時差は1時間。

日本標準時(JST=Japan Standard Time)は、世界標準時から9時間進んだUTC+9。UTC+8のシンガポールのほうが、日本より1時間遅いということ

シンガポールの現地時間を知りたいときは、「JST−1」で簡単に計算できます。

時差がたったの1時間なので、フライトや移動での時差ボケもなし。普段の睡眠パターンや体内リズムを崩すことなく、旅行を楽しめるのが良いですね。

日本からシンガポールへのフライト時間

シンガポールへは、日本の各空港から直行便が出ています。おおよその飛行時間は以下のとおり。

  • 北海道(新千歳空港)から8時間50
  • 東京(成田空港・羽田空港)から7時間40分
  • 大阪(関西国際空港)から6時間55分
  • 名古屋(中部国際空港)から6時間55分
  • 福岡空港から6時間35分

 


タイムゾーンがおかしい?時間のズレ


■ シンガポール周辺のアジア諸国との時差比較

ここで、他の東南アジア諸国の時間・時差も見てみましょう。

ワールドクロック世界時計ーアジア周辺諸国(バンコク・シンガポール・ジャカルタ・ホーチミン)と東京の時差・時計

日本が12:00のとき、
ホーチミン  10:00 ー 日本との時差 2時間
ジャカルタ  10:00 ー 日本との時差 2時間
バンコク   10:00 ー 日本との時差 2時間
シンガポール 11:00 ー 日本との時差 1時間

ほぼ同じ経度上に位置するバンコク・ジャカルタ・ホーチミンが10時なのに、シンガポールだけ11時。

普段、シンガポールで暮らしていると、あまり意識はしませんが、近隣国に旅行に行ったりすると、この時間のズレに遭遇することも度々。

例えばシンガポールからの週末バカンスで人気の「ビンタン島(インドネシア領)」。フェリーで到着すると、シンガポールより東に位置する現地時刻が1時間遅れていることに、奇妙な感覚に陥ります。

―――どこかが、おかしい…。

 

■ 「時差」と「経度」の関係

そもそも『時差とは何なのか』を、ちょっと復習。

一日(約24時間)をかけて1回転、自転している地球。球体である地球は「360度」なので、1回転にかかる「24時間」で割ると、360÷24は15。

1時間あたり15度回転していることがわかります。

つまり理論上、『経度が15度違うと、1時間の時差が生じるということ。

このことは逆に、『経度が15度以内だと、時差は生じない』とも言い換えることも可能。

子午線を基準に、東経・西経それぞれ経度15度ごとにタイムゾーンを設定するというコンセプトは、ここから生まれています。

 

■ タイムゾーン・マップ

タイムゾーン・マップで確認しても、シンガポールの位置は「UTC+7」のゾーン内に、きれいに収まっています。

世界標準時のタイムゾーン・マップ(アジア・東経分)
タイムゾーン世界地図(東経部分)

本来なら「UTC+7」の時間帯のほうが自然にもかかわらず、どうして1時間早い「UTC+8」のタイムゾーンを採用しているのでしょうか。

なぜ!? 『WHY シンガポーリアン・ピーポー!?』(by 厚切りジェイソン)。

 


シンガポール標準時が1時間早い理由


■ 国際金融センターとして「香港市場」に競合するため?

シンガポール標準時が1時間早められた理由として、まことしやかに囁かれているのが、『香港に対抗するため』というウワサ。

確かに、UTC+8のシンガポールは、香港と同じ時間帯。

国際金融センターとして、アジアの覇権を争っているシンガポールが、香港市場の開場時間に出遅れないために、標準時を1時間早めたというもの。

いかにもシンガポールがやりそうなことですが、これはあくまでも副次的なメリット

一次的な要因は香港ではなく、マレーシアとの関係にありました。

 

■ 20世紀におけるシンガポール標準時の変遷

シンガポール標準時の変遷を振り返ると、20世紀の激動とともに頻繁に変更されてきたことがわかります。

出典:Wikipedia
時代 期間 UTC 備考
英国植民地 1905年6月1日以前 UTC+6:55:25  
1905年6月1日〜1932年12月31日 UTC+7  
1933年1月1日〜1935年12月31日 UTC+7 20分のサマータイム制を導入
1936年1月1日〜1941年8月31日 UTC+7:20 サマータイムだったUTC+7:20をシンガポール標準時として正式採用
1941年9月1日〜1942年2月15日 UTC+7:30 20分から30分に変更
日本占領 1942年2月16日〜1945年9月11日 UTC+9 日本標準時を適用
戦後〜独立 1945年9月12日〜1981年12月31日 UTC+7:30 1945年:日本降伏後、再び英国植民地に
1963年:マレーシア連邦の成立
1965年:シンガポールの分離独立
現在 1982年1月1日〜現在 UTC+8  

第2次世界大戦後、再び英国の管理下に置かれたシンガポールですが、1963年、マレー半島11州(マラヤ連邦)、ボルネオ島北部のサバ州とサラワク州とともに、マレーシア連邦を結成

このとき、マレー半島とボルネオ島北部にまたがる領内には、2つの異なる標準時刻が存在していました。

  • マレー半島   UTC+7:30
  • ボルネオ島北部 UTC+8

マレー半島とボルネオ島北部にまたがる「マレーシア」の地図

1965年、シンガポールはマレーシア連邦から分離・独立しますが、その後もマレーシアとの結びつきは強く、1982年にマレーシアが国内の標準時をボルネオ時間(UTC+8)に統一するのに合わせて、シンガポールも同じタイムゾーンに移行

これが、シンガポールが近隣の東南アジア諸国より1時間早い、UTC+8のタイムゾーンに至った真相です。

 


マレー語のシンガポール国歌だけでなく、タイムゾーンにまで影響を及ぼすマレーシア。時差の謎解きで、シンガポール・マレーシア両国の特別な繋がりを再認識しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ