ミシュラン一つ星「蔦」ラーメン界に新風を巻き起こすトリュフの薫り

[更新] 再訪時の情報と写真を追加

『世界初ミシュラン一つ星を獲得したラーメン』

これほどキャッチーで強力な謳い文句があるでしょうか!!

ラーメン店で初めてミシュラン一つ星を獲得「ジャパニーズ・ソバ・ヌードル蔦」

ミシュランガイド東京2016で、ラーメン店としては初めての一つ星を獲得して以来、一躍国内外の注目を浴びることになった「蔦」

2016年の年末にはシンガポールに海外第1号店をオープン。開店当時の長い行列は、シンガポールでも大きな話題となりました。

 


シンガポールに4店舗!ラーメン「蔦」


現在、シンガポールに4店舗を展開する「蔦」。

「ジャパニーズ・ソバ・ヌードル蔦」インテリア
Vivo City店

オープンキッチンのカウンターを囲むように並ぶ客席。

白木の明るい木目調を生かした清潔でモダンなインテリアで、女性客でも抵抗なく入れる雰囲気

「蔦」オープンキッチン

カウンター越しにラーメンが作られる様子を見ながら待つこと数分。ミシュランラーメンがやってきました!

 


日本そばに通じるラーメン「蔦」


■ シンガポール独自メニューもあり

まず注文したのは、「蔦」のシグニチャーである「醤油そば」の味玉付き

「ジャパニーズ・ソバ・ヌードル蔦」の醤油そば
味玉 醤油そば

透明感のあるスープは、シンプルであっさりベース。

ここにチャーシューの上に乗っている黒トリュフのソースを溶かしていくと、香りと味の奥行きが一気にアップ。全く違うものに変貌しました!

「ジャパニーズ・ソバ・ヌードル蔦」の鴨白湯そば
鴨白湯そば

「鴨白湯そば」は、期間限定メニュー。

ストレートの細麺は、雑味のない白湯スープとの相性抜群。繊細なラーメン(そば)を、じっくり味わえる一杯でした。

「ジャパニーズ・ソバ・ヌードル蔦」の麻辣トンコツそば
麻辣トンコツそば

「麻辣トンコツそば」は、シンガポールの独自メニュー。

シンガポールのラーメン界で隆盛を誇る「豚骨系」に、痺れる辛さが病みつきになる「麻辣」。シンガポーリアンの心を鷲掴みする2大要素が組み合わさったラーメンです。

■ サイドメニューも充実

サイドメニューの「ロース飯」。超薄切りにスライスされたロースは、生ハムのように柔らか。

ご飯と一緒に、口の中でとろけていきます。

「ジャパニーズ・ソバ・ヌードル蔦」の黒豚ロース飯
黒豚ロース飯

揚げたてアツアツの「鶏唐揚げ」。サクッと軽やかな衣に、ジューシーな中身。ビールのおつまみにも最適な1品。

「ジャパニーズ・ソバ・ヌードル蔦」の鶏唐揚げ
鶏唐揚げ

フカフカのパオに、香ばしくて柔らかいチキンを挟んだ「照り焼きチキン・パオ」

パオみたいなサイドメニューがあるのも、シンガポールならでは。

「ジャパニーズ・ソバ・ヌードル蔦」のテリヤキチキン・パオ
照り焼きチキン・パオ

 


日本のラーメン有名店がこぞって進出し、舌が肥えてきている人も多いシンガポール。

「ラーメン」という言葉も浸透するなか、敢えて屋号に「そば」と銘打ち、独自路線を進んでいる「蔦」

ガツンとくる「ラーメン」というより、奥ゆかしい上品なハーモニーを味わうお店です。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ