ベトナム料理の人気店「ミセス・フォー」あっさりフォーでデトックス

[更新] 改稿&再訪時の写真を追加

アラブストリートの東端にあるベトナム料理店「ミセス・フォー」

近くにある人気店「Mrs Pho」
アラブストリートにある「Mrs Pho」

昼も夜も、いつも多くのお客さんで混雑していて、なかなか席にありつけないほどの人気店が、待望の2号店をオープン

コッテリした中華料理や、スパイシーなインドカレーなど、味の濃い食事続きで胃が疲れてきたら、ベトナム料理の出番です。

クリアなスープに素材の味が染みた絶品フォーで、身体の中からデトックス!

 


2号店「ミセス・フォー・ハウス」


ミセス・フォーの新店舗があるのは、リトルインディアエリアのはずれ。

ファラーパーク(Farrer Park)駅B出口から、駅と反対方向へ進むこと約10分弱。

Mrs Pho(ミセスフォー)ラングーンロード
バクテー屋「黄亜細肉骨茶餐室」の先

有名な「黄亜細肉骨茶餐室」など、老舗バクテー店が立ち並ぶラングーンロード沿いの突き当たり(左手側)に位置しています。

Mrs Pho(ミセスフォー)2号店の外観

古い小売店や食堂、HDBなど、ローカル色の強い通りに、突如出現する小洒落た店構え。ここが2号店「ミセス・フォー・ハウス」です。

 


インダストリアル風のおしゃれな店内


店内は、間口は狭くて奥行きが長いという、典型的なショップハウスの間取り。大小のテーブルが壁にそって、一列に配置されています。

Mrs Pho(ミセスフォー)2号店の店内
ビーズカーテンで囲まれた中央のテーブルは特等席

内装は1号店と同じく、コンクリートの打ちっ放し風の壁に、ステンレスのテーブルといったインダストリアル風なテイスト

Mrs Pho(ミセスフォー)2号店の店内インテリア

アジアチックなビーズカーテンや、入口の壁一面に描かれたアートが、混沌とした無国籍な雰囲気がいい感じ。

Mrs Pho(ミセスフォー)店内のアートな絵

 


疲れた胃に染み渡るベトナム料理


■ 看板メニュー「ベトナムフォー」

ミセス・フォーの看板メニューといえば、「ベトナムフォー」

Mrs Pho(ミセスフォー)チキンフォー
チキンフォー

素材の旨味が生きたクリアなスープが、日々の暴食に疲れた臓腑に染み渡ります。

おすすめは、レア加減がパーフェクトな「ビーフフォー」。

Mrs Pho(ミセスフォービーフフォー
ビーフフォー

ライムやチリが各テーブルに置かれていて、自分の好みで加えることができるのもポイント高し!

Mrs Pho(ミセスフォー)ライムやチリなどの調味料セット
各テーブルにある薬味セット

■ 本場の味「バインセオ」や「ゴイクン」

ちょっとしたサイドメニューを、アレコレ一緒に頼めるのも、ベトナム料理の醍醐味

Mrs Pho(ミセスフォー)ベトナム風お好み焼きバインセオ
バインセオ

ベトナム風お好み焼き「バインセオ」や、揚げ春巻き「チャーゾー」に生春巻き「ゴイクン」など、充実したサイドメニュー。

Mrs Pho(ミセスフォー)揚げ春巻き・生春巻きは欠かせない
揚げ春巻き&生春巻き(ゴイクン)

ベトナムでは定番のドリンク、「シントー・ボー」と呼ばれるアボガド・スムージーがあったりと、本場顔負けのメニューが揃います。

Mrs Pho(ミセスフォー)ドリンク

惜しむらくは、ベトナム風サンドイッチ「バインミー」がないことくらい…。

■ ドリンク・デザート付きのランチセット

ランチメニューを実施している2号店。

Mrs Pho(ミセスフォー)ランチセットのポークチョップ
ベトナム風ポークチョップ「コムタム」

スープと春巻き付きのメインディッシュに、ドリンク、デザートがセットで$16.9++(税別)。

Mrs Pho(ミセスフォー)ランチセットはドリンクとデザート付
エビせんべいもついてくる!

いろんなものを、ちょっとずつ食べたいときに、ぴったり。

■ ベトナム料理のシメは「ベトナムコーヒー」

最後は、もちろんベトナムコーヒーでシメなくては。

本場ベトナム式のフィルターでサーブされると、これぞベトナムという感じで毎回テンションがあがります!

Mrs Pho(ミセスフォー)ベトナム料理のシメはベトナムコーヒー
ほろ苦いコーヒーと甘いコンデンスミルクが特徴

 


1号店も2号店も、駅からちょっと離れた場所にある「ミセス・フォー」。にもかかわらず、いつも賑わっているのは実力店の証拠

美味しいフォーが食べたくなったら、ぜひ行ってみてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ