ベジタリアンの世界へようこそ!南インド料理「MTR」シンガポール店

人口の9%をインド系が占め、インドやバングラディッシュ、スリランカからの労働者も多いシンガポール。

この国で暮らすようになって、大きく変わったものの一つが、インド料理への「固定概念」です。

北インド料理 南インド料理
小麦が主食(ナン、チャパティなど) が主食(ドーサ、バスなど)
生クリームを使ったとろーり系カレー ココナッツを使ったサラサラ系カレー

ひと口にインド料理といっても、地方によって様々。

インド料理店を覗いてみると、日本で定番の「カレー&ナンセット」を食べているのは少数派。それよりも、今まで見たことも聞いたこともないようなメニューが主流であることに気づきます。

また、「ベジタリアン(菜食主義)」の割合が高いインド系の人々のため、ベジタリアン専門レストランがあったり、普通のレストランでもベジタリアン用メニューを用意するのは、当たり前。

シンガポールで開眼する「ベジタリアン・インド料理」。未だ知らない世界へ、あなたも一歩踏み出してみませんか?

 


南インド・ベジタリアン料理の人気店


インド料理ということで、やってきたのは、もちろんリトルインディア地区。

ファラーパーク駅から徒歩2〜3分。セラングーンロード沿い、ヒンドゥー教のスリ・スリニヴァサ ペルマル寺院の向かいにあるのが、「MTR」

インド南部、バンガロール発祥のベジタリアン専門の南インド料理店です。

MTRの外観

群を抜いた口コミの件数で、常に「トリップアドバイザー」上位にランクしている同店。

看板には、「シンガポールNo.1ベジタリアン・レストラン」とデカデカとした文字が!

MTRのNo.1看板

ほとんどインド系のお客さんが占めている客層に、一瞬ひるむかもしれませんが、勇気を出して入ってみましょう!

綺麗で清潔な店内は、ローカルのインド料理店の中ではピカイチ。

ゴチャゴチャしたところが苦手な人でも、大丈夫なのではないでしょうか。

MTRの店内
ローカルのインド料理店ではピカイチの清潔さ

注文・支払いは、入り口のレジで先に済ませる方式。番号札を持って、席で待っていると、店員さんが料理を運んで来てくれます。

 


名物マサラドーサは必食


■ マサラドーサ(Masala Dosa)

MTRの名物といえるのが「マサラドーサ」

ドーサとは、米とレンズ豆が原料の生地を薄く焼いたインド版クレープ

注文のたびに一枚一枚、丁寧に焼き上げられるドーサ。正三角形のかたちが美しい!

MTRマサラドーサ

中には、カレー香辛料で味付けされたポテトがたっぷり。

スパイスの辛さとポテトの甘さ、そして、ほのかに感じる酸味が、何ともいえない絶妙な風味を奏でています。

これは美味しい!

MTRマサラドーサの中

■ セットドーサ(Set Dosa)

ドーサより厚いウタパムが3枚付いてくる「セットドーサ」

薄く焼き上げたときのクリスピーさが命のドーサに対して、こちらはパンケーキのようなフカフカさが特徴。

一緒についてくるミントソースやサーグをお好みでつけて、召し上がれ。

MTRセットドーサ

■ チャパティ(Chapati)

全粒粉から作られた生地を円形に伸ばして焼いた「チャパティ」

米が原料の生地であるドーサと比較して、初めて感じる小麦粉の生地のほのかな甘み。

薄いながらも、モチっとした弾力があるパンです。

MTRチャパティ

 


インド版の定食「ミール」


■ ミニミール(Mini Meal)

少しづついろんなものが楽しめる「ミニミール」。初めてみる料理ばかり!

お皿の下段には、バス(Bhath)と呼ばれる米料理が3種類

  • 本日のバス。この日はレモンライス(Lemon Rice)
  • ヨーグルトとお米からつくられたカードライス(Curd Rice)
  • 米、野菜やレンズ豆のリゾットのようなビジベレバス(Bisibele Bhath)

上の左に並ぶのは、自分で味を調節するためのソース2種類

  • ヨーグルトに刻んだキュウリ、ミントを混ぜたライタ(Raitha)
  • 青菜がベースになったサーグ(Saagu)

そして、上段右にはデザート的な甘い口直し

  • ケサリバス(Kesari Bhath)

MTRミニミールス

 


おやつ感覚で食べられる軽食


■ ウディン・ワダ(Uddin Vada)

すり潰したレンズ豆をドーナツ型にして揚げたもの。

サクッとした外側とフワフワの内側。出来立ての、思わぬ美味しさに感激。

もう一個頼めば良かった。しかも$2。

MTRドーナツみたいな形のワダ

■ ラヴァ・イドゥリ(Rava Idli)

セモリナ粉の生地から作った、ふかふかした蒸しパン

中に混ぜ込まれているのは、コリアンダー、カシューナッツ、カレーリーフなど。

小さなお皿に添えられた、ギー(Ghee)と呼ばれるバターオイルをかけると、風味が一層アップ。

MTRラヴァ・イドリィ

■ マサラティー・マンゴーラッシー

見た目以上に、ピリッと辛さがある料理が多いので、食事のお供にマサラティーやマンゴーラッシーを。

MTRマサラティーとマンゴーラッシー


正直にいうと、全部が全部、口に合うというわけではなかったし、酸味のある南インド・カレーか、クリーミーな北インド・カレーのどちらかを選べと言われたら、個人的には北インドのカレーのほうが好みかも…。

でも、米やセモリナ粉、豆などのベジタリアン食材で、ここまで風味豊かさ・満足度の高さを実現するメニューの数々に、奥の深いインド料理の一端を知る機会になりました。

メニューには、まだまだ未知なる料理があったので、また行ってみたいと思います。目指せ、全メニュー制覇!

[MTR]

438 Serangoon Rd, Singapore 218133
http://www.mavallitiffinrooms.com/singapore
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ