実力派の銘品が安い!地元スーパーで買うべきシンガポールのお土産

海外旅行で、意外に面白いのが「地元のスーパーマーケット」

現地の人たちが日常的に行くような場所だから、その国の本当の「素顏」が覗ける場所

見たことのないようなものや、その国ならではの商品が並んでいて、見ているだけでワクワクしますよね。おまけに、値段もお得なので、お土産探しにもぴったり。

今回は、実際に買った(食べた)ことがある在住者がイチオシの「本当に使える銘品」をご紹介。シンガポールのお土産さがしに、スーパーマーケットへLet’s go!

 


シンガポールの2大スーパーマーケット


シンガポールのデパートやショッピングモールの中には、輸入品を取り揃える高級スーパーもあるのですが、今回のターゲットはあくまでも普段使いのスーパーマーケット。

シンガポールの2大スーパーマーケットチェーン「フェアプライス」「コールドストレージ」をおさえておきましょう!

■ フェアプライス(Fair Price)

シンガポール内に200店舗以上を展開する、国内最大のスーパーマーケット・チェーン「フェアプライス」

旅行者が行きやすい店舗は、下記のとおり。

  • オーチャードの「Scotts Square」地下1階(B1-03〜07)
  • チャイナタウンの「Chinatown Point」地下1階(B1-01)
シンガポールのスーパーマーケット:フェアプライス
フェアプライスFinestのストッツスクエア店

Fair Price

■ コールドストレージ(Cold Storage)

主要ターミナル駅、ショッピングモールなどを中心に、50近くの店舗を展開する「コールドストレージ」

旅行者が行きやすい店舗は、下記のとおり。

  • オーチャード駅「高島屋」の地下2階(B2-01-1)
  • ブギス駅「Bugis Junction」の地下1階(B1-17/18)

あと、マリーナベイサンズの地下2階(B2-46)に出店しているミニストアは観光客向けの品揃えですが、夜11時(金・土は12時)まで営業しているので、何かと便利。

シンガポールのスーパーマーケット:コールドストレージ
コールドストレージの高島屋店

Cold Strage

 


インスタント&調味料


スーパーといえば、やはり充実しているのが「食料品」。

在住者として、今までシンガポール土産をイロイロ買って帰った中で、『一番喜ばれたのは結局こういうものだった!』と実感したものが、こちら。

■ 本格派シンガポール料理「プリマテイスト」

「プリマテイスト(Prima Taste)」は、シンガポール発祥の食品ブランド。

ラクサやチリクラブ、チキンライスといったフレーバー豊かなローカルフードを、家で手軽に再現するインスタント・レトルト商品が揃います。

プリマテイストのラクサ・ラーメン

特に日本人に喜ばれるのが、こちらの「ラクサ・ラーメン」

日本の輸入食料品店「カルディ」で販売されるようになって、人気・知名度が急上昇。『買ってきて〜』というリクエスト指名率No.1

プリマテイストのレトルト&インスタント食品

チキンライス、チリクラブ、肉骨茶といったシンガポール名物の、本格的な味が再現できるレトルト食品(箱入り)も定番。

■ 中華調味料なら「李錦記」

香港を拠点とする中華調味料ブランド「李錦記(リキンキ)」は、世界で初めてオイスターソースの発明・販売を行ったことで有名。中国系の多いシンガポールでは、商品ラインナップの充実ぶりは目をみはるほど。

ひと瓶約320円ほどの「刻みショウガ」や「刻みニンニク」は、料理にちょっと加えるだけで風味が格段にアップする優れモノ

李錦記の調味料ソース

■ エスニック料理の「ダンシングシェフ」

東南アジアのエスニック・フード好きには、「ダンシングシェフ(Dancing Chef)」のレトルト商品がおすすめ。

タイカレーの定番「グリーンカレー」だけでなく、「イエローカレー」に「レッドカレー」と、なかなか日本ではお目にかかれないないラインナップ。

Dancing Chefのレトルト調味料(レッドカレー/イエローカレー/グリーンカレー)

もちろん、シンガポール名物「チキンライス」や「ラクサ」のレトルトもありますよ。

Dancing Chefのレトルト調味料(チキンライス/ラクサ/パイナップルライス)

■ 「スープレストラン」のジンジャーソース

ジンジャーチキンで有名な中華レストラン「スープレストラン」のジンジャーソースは、スーパーでも買うことができる人気商品。

ジンジャーソースは、しょうが焼き、焼きナス、冷奴など、日本の献立でも大活躍です。

スープレストランのジンジャーソース

 


おなじみのブランドのご当地フレーバー


馴染みのある日本のブランドは、信頼度が抜群。シンガポール土産として渡すなら、日本には売っていない「ご当地フレーバー」がおすすめです。

■ 日清「カップヌードル」

シンガポールでも大人気の「カップヌードル」。数えきれないほどの種類が並ぶなか、「ラクサ」や、「チリクラブ」「ブラックペッパークラブ」といったローカルフレーバーもラインナップ。

日清カップヌードルのシンガポールでのラインナップ

■ 幻のカップヌードル・ポテトチップス

こちらは、日本では未発売の「カップヌードル・チップス」

日清シンガポールの公式ページには、主なフェアプライスや、コンビニ「Cheers」で発売中と書いてあるものの、なかなか見つけられない幻の商品。

幻のカップヌードルチップス
トムヤムシーフードとブラックペッパークラブの2つの味

■ インスタントラーメン「出前一丁」

昔馴染みのインスタント袋麺「出前一丁」

黄緑の「チキン味」、オレンジの「スパイシーセサミ味」、深緑の「ガーリックチキン」、紫は「トムヤムクン味」と、ユニークなフレーバーが揃います。

日清の出前一丁の現地フレーバー

 


紅茶&テタリ


■ シンガポール発の紅茶ブランド「グリフォン」

1918年創業と、TWGより古い歴史を誇るシンガポール発の紅茶ブランド「グリフォン(Gryphon)」。モダンで素敵なパッケージは、きちんとしたお土産にも使えます。

シンガポール発祥の紅茶ブランド「グリフォン」

■ 手軽なスティックタイプの「テタリ」

「テタリ」とは、コンデンスミルクを混ぜて飲むシンガポール・スタイルのミルクティー。

リプトンのインスタント・テタリは、小分けになった顆粒スティックタイプで、会社へのお土産にもぴったり。

リプトンのインスタント・テタリ

 


カヤジャム


ジャム売り場に並んでいるのは、シンガポールの朝食に欠かせない「カヤジャム」

スーパーに並ぶカヤジャムは、お値段も容量もお得サイズ!

スーパーで買えるカヤジャム

 


杏仁豆腐の素


小さなお子さんも大好きな「杏仁豆腐」。誰でも簡単に作れるパウダーミックスで、たまには中華デザートはいかが?

杏仁豆腐の素

 


タイガービール


シンガポール・ビールの代名詞「タイガービール」

ブルー(オリジナル)の他、ホワイトやブラックもあるので、飲み比べしてみるのも楽しいですね。

レストランで飲むと高いビールも、スーパーでなら一本(330ml缶)$3くらいで購入可能。ホテルの部屋飲み用に、スーパーで買い出ししておくのもおすすめです。

タイガービール

 


かわいい缶入り!「念慈菴」のど飴


中国漢方をベースに、自然由来の成分・生薬を配合した商品が揃う「念慈菴(Nin Jiom)」

レトロなデザインと、カラフルな色が可愛い、缶入り「のど飴」。お値段もお手頃で、バラマキ土産にもぴったり。

念慈菴(Nin Jiom)ののど飴

 


タイガーバーム


家庭用常備薬として、東南アジアで広く親しまれている「タイガーバーム」

シンガポールを本拠とするブランドだけあって、スーパーなどでも品揃えは豊富。塗り薬のほか、湿布や蚊除けスプレーなどもあり。

Tiger Balmの定番商品

 


おしゃれで安い!TESCOブランド


イギリス小売業の大手チェーン「TESCO」と業務提携しているフェアプライス。

販売されているTESCOのプライベートブランドは、どれもパッケージがおしゃれで素敵。しかもお値段も安いとくれば、買わない理由がありません!

イギリスのTESCO finestの商品
ジャム、紅茶やソース・調味料など

 


観光地に近い場所だと、お土産コーナーを設置するスーパーも多く、マーライオンチョコやクッキーなどを購入することも可能です。

スーパーのシンガポール土産のコーナー
「ザ・シンガポール」なシンガポール土産たち

効率的&お得なシンガポール土産さがしの穴場として、地元スーパーを活用してみてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ