バラ色の極上肉の誘惑!シンガポールで味わう特選和牛「焼肉・矢澤」

[更新] 再訪時の情報・写真を追加

去年のサーキットブレーカー明けに、最初に駆け込んだのも「焼肉・矢澤」

今年、特別警戒(Heightened Alert)の外食解禁後、すぐさま予約したのも、やっぱり「焼肉・矢澤」

「焼肉・矢澤」

『シンガポールで美味しい焼肉が食べたい!』というときに、期待を裏切らないお店です。

 


日本の焼肉ここにあり!「焼肉・矢澤」


和牛とJapanese BBQ(=焼肉)の美味しさを世界に伝えるために、積極的に海外展開を進めている「焼肉・矢澤」

「焼肉・矢澤」の外観入口
ロバートソン・ウォーク1階にある「焼肉・矢澤」

「焼肉・矢澤」シンガポール店があるのは、人気のレストランやバーが集まる「ロバートソン・ウォーク」の1階。

シンガポール川の河畔に位置する複合ダイニング施設として、日本人在住者にもお馴染みの場所です。

レンガ壁やダークウッドなトーンでまとめられた店内。照明も絞られ、シックで落ち着いた雰囲気です。

 

日本直送!厳選された「ヤザワビーフ」


■ 最高品質の黒毛和牛「ヤザワビーフ」

「焼肉・矢澤」で提供されるのは、日本から直送された最高品質の黒毛和牛。

「焼肉・矢澤」のメニュー

お店の厳しい基準と品質管理をクリアした牛肉のみが、「ヤザワビーフ」としてメニューに並んでいます。

■ もう日本では食べられない!幻の「ユッケ」

注文後、まず運ばれてきたのは、前菜

キムチの盛り合わせや、矢澤サラダ、冷やしトマト。

そして忘れてはいけないのが、「ユッケ」! 

「焼肉・矢澤」で食べられる幻のユッケ
ユッケ

今や日本ではお目にかかることが少なくなった幻の「ユッケ」を、ここシンガポールでいただけるとは! 感激ものです。

■ 抗えない!バラ色の極上肉の誘惑

そうこうしているうちに、本日の主役が登場。

「焼肉・矢澤」のオーストラリア和牛とヤザワビーフ

このバラ色が美しい、厳選された和牛の数々。素人目にも、新鮮さと上質さは疑いようもありません。

「焼肉・矢澤」のタン塩
特選タン塩

焼肉のスタートに欠かせない「タン塩」

肉厚の「特選カルビ」「特選ハラミ」「ミスジ」「鶏肉」

「焼肉・矢澤」の厳選された和牛肉
カルビ(左上)、ミスジ(右上)、鶏肉(左下)、ハラミ(右下)

そして、内モモより更に内側にあたる希少部位の「シンシン(芯々)」。

キメの細かいサシが入ったお肉は、驚くほど柔らかく、矢澤では絶対外せないメニューです。

「焼肉・矢澤」の芯々(シンシン)
芯々(シンシン)

さっそく、鉄板で焼いていきます!

ロースターの上でジュージューと焼けると、食欲をそそる香り

「焼肉・矢澤」の芯々(しんしん)

ジューシーなお肉を、ふっくら炊きたての白飯と一緒に食べれば、これぞ至福の味

もう何も言葉は要りません。

「焼肉・矢澤」の焼肉オン・ザ・ライス

これほどクオリティの高い焼肉がシンガポールで堪能できるなんて、「焼肉・矢澤」様様。ありがたいや。

 


お肉以外のサイドメニューも充実


■ 焼肉のシメ!「冷麺」派 or 「カレー」派?

焼肉・矢澤は、サイドメニューも充実。

「焼肉・矢澤」の「牛ひき肉カレーライス」と「カルビスープ」

お肉と一緒に注文したい「カルビスープ」

カルビ肉の甘味と旨味が染み込んだ白湯ベースのスープは、焼肉の箸休めにぴったり。

いやいや、挽肉を使った「カレーライス」も捨てがたい…。

「焼肉・矢澤」の冷麺

焼肉で人気のサイドメニューといえば、「冷麺」

冷んやりコシのある細麺が、つるりと喉越しもGood。最後のシメとしても、おすすめの一品。

■ 上品な甘さのデザート

焼肉ディナーの後には、デザートタイム。

「焼肉・矢澤」の琉球黒糖のキャラメルプリン
琉球黒糖のキャラメルプリン

「琉球黒糖のキャラメルプリン」「ほうじ茶のパンナコッタ」「北海道牛乳のジェラート」といった、日本の食材を生かしたデザートがラインナップ。

しつこくない上品な甘さで、食後感もすっきり。

「焼肉・矢澤」の「牛乳ジェラート苺のピュレ添え」と「ほうじ茶パンナコッタ」

いつも日本人だけでなく、現地シンガポールの人たちにもファンの多い「焼肉・矢澤」。

店内の座席数は限られていますので、予約は必須です。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ