バラ色の極上肉の誘惑!シンガポールで味わう特選和牛「焼肉・矢澤」

外食禁止のサーキットブレーカー中に、一番恋しかった食べ物は何ですか?

『焼肉!』

という人は多いのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、そんな渇望を満たすのにピッタリのお店―――「焼肉・矢澤」です。

 


日本の焼肉ここにあり!「焼肉・矢澤」


和牛とJapanese BBQ(=焼肉)の美味しさを世界に伝えるために、積極的に海外展開を進めている「焼肉・矢澤」

現在、シンガポールのみならず、ミラノ、ビバリーヒルズ、ホーチミンにも店舗があるようです。

「焼肉・矢澤」の外観入口
ロバートソン・ウォーク1階にある「焼肉・矢澤」

「焼肉・矢澤」シンガポール店があるのは、シンガポール川の河畔に位置する「ロバートソン・ウォーク」の1階。

人気のレストランやバーが集まる複合ダイニング施設で、日本人在住者にもお馴染みの場所ですね。

 

日本直送!厳選された「ヤザワビーフ」


■ 最高品質の黒毛和牛「ヤザワビーフ」

「焼肉・矢澤」で提供されるのは、日本から直送された最高品質の黒毛和牛。

「焼肉・矢澤」のメニュー

お店の厳しい基準と品質管理をクリアした牛肉のみが、「ヤザワビーフ」としてメニューに並んでいます。

■ 抗えない!バラ色の極上肉の誘惑

焼肉のスタートといえば、やっぱり「タン塩」

見てください、この美しいバラ色のお肉を!素人目にも、新鮮さと上質さは疑いようもありません。

「焼肉・矢澤」のタン塩

そして、肉厚の「特選ハラミ」「鶏肉」が運ばれてきて、スタンバイ完了。

「焼肉・矢澤」の特選ハラミ(タレ)

さっそく、鉄板で焼いていきます!

ロースターの上でジュージューと焼けると、食欲をそそる香り

これこそ、求めていた日本の焼肉

やっぱり家でする焼肉とは違います(←当たり前か)。

「焼肉・矢澤」の絶品焼肉

この特製タレをたっぷりつけたジューシーなお肉を、ふっくら炊きたての白飯と一緒に食べるときの至福さといったら。

もう何も言葉は要りません。

「焼肉・矢澤」の焼肉オン・ザ・ライス

これほどクオリティの高い焼肉がシンガポールで堪能できるなんて、「焼肉・矢澤」様様。ありがたいや。

■ 冷麺にデザートも!充実サイドメニュー

お肉と一緒に注文した「カルビスープ」

カルビ肉の甘味と旨味が染み込んだ白湯ベースのスープは、焼肉の箸休めにぴったり。

「焼肉・矢澤」のカルビスープ

焼肉で人気のサイドメニューといえば、「冷麺」

冷んやりコシのある細麺が、つるりと喉越しもGood。最後のシメとしても、おすすめの一品。

「焼肉・矢澤」の冷麺

そしてデザートには、「ほうじ茶のパンナコッタ」

ほうじ茶とパンナコッタという異色の組み合わせでしたが、これがまたイケる!

大満足のまま、焼肉ディナーを終えることができました。

「焼肉・矢澤」のほうじ茶パンナコッタ

いつも日本人だけでなく、現地シンガポールの人たちにもファンの多い「焼肉・矢澤」。

店内の座席数は限られていますので、予約は必須です。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ