フランス流!赤身肉のステーキ・フリット専門店「ラントルコート」

[更新] 再訪時の情報・写真を追加

Entrecôte(アントルコート)とは、ビーフステーキなどに使われる牛肉のリブにあたる部位を示すフランス語。

その言葉を店名に冠する「L’Entrecôte(ラントルコート)」は、フランス各地で店舗を展開する人気のステーキ専門店

名物のステーキフリットを引っ提げ、シンガポールに進出。

『今日はお肉』という気分のときに、焼肉ともアメリカン・ステーキとも一味違う、フレンス流のステーキはいかがでしょうか。

 


真正面にはマリーナベイサンズ!


シンガポールでは、ダクストン・ヒル、ホランドビレッジ、マリーナと3店舗を構える「ラントルコート」。

中でもおすすめは、フラトンべイ・ホテルに隣接するカスタムハウス内にあるマリーナ店。

マリーナに位置するL'Entrecoteのカスタム・ハウス店

マリーナベイサンズを真正面に望む、最高のローケーション。

店内のテーブル席とカウンター席のほか、屋外にもテラス席があります。

 


シグニチャーの「ステーキ・フリット」


■ 赤身肉の味を堪能する名物ステーキ

入口に掲げられた名物ステーキフリットのポスター。

L'Entrecoteのポスター

オニオンスープやエスカルゴといったフレンチ・ビストロ定番メニューが並ぶ中、やっぱりハズせないのは、名物「アントルコート・ステーキ」

ラントルコートに来て、これを頼まないという選択肢はありえません。

L'Entrecoteのシグニチャー

ステーキのセットとしてついてくるグリーンサラダ。

上にのった大きなクルミがラントルコート風。カリカリとした食感と香ばしさがアクセント。

L'Entrecoteのくるみサラダ

そして、やってきたのが、こちら。

約1cmほどの厚さにカットされたステーキ肉が、ドドーンと8切れ。そして、お皿からこぼれ落ちそうなほど山盛りのフレンチフライ。

これで一人前という、恐るべきボリューム

L'Entrecoteのシグニチャー「ステーキ・フリット」

ミディアム・レアでお願いしたお肉の断面は、綺麗なローズ色。

L'Entrecoteのミディアム・レアのステーキ

噛むごとにジューシーな肉汁が溢れる、パーフェクトな焼き加減。柔らかい赤身肉の旨味が、口いっぱいに広がります。

L'Entrecoteのシグニチャー「ステーキ・フリット」

そして、このステーキにたっぷりとかかった秘伝のソース。

マスタードのピリッとした酸味が引きたてる肉本来の旨味。

ランコルコートならではのステーキフリット、堪能いたしました。

 


満腹でも別腹のフレンチグルメ


最後に、ステーキ以外に食べたメニューをご紹介。

■ ビストロの定番「オニオンスープ」

トロトロになるまで柔らかく煮込まれた玉ねぎの甘みと、とろけるチーズのコクが絶妙な「オニオンスープ」

L'Entrecoteの「オニオン・スープ」

シンガポールの極寒の冷房地獄で冷えきった身体を、芯からホカホカと温めてくれます。

■ 人気デザート「プロフィトロール」

コロンと丸いプチ・シューをいくつも積み重ねた、かわいらしいデザート。

L'Entrecoteの「プロフィトロール」

上からかけられたチョコレートソースと、プチ・シューに挟まれたバニラアイスは、文句なしのおいしさです。

 


『我こそは肉食系』と自信のある皆さん!

ボリュームたっぷりラントルコートのステーキ・フリットに挑戦してみてください。

L’Entrecôte The Steak and Fries Bistro

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ