S級ホーカー「ゴールデンマイル・フードセンター」の必食グルメ10選

1975年のオープン以降、約40数年にわたり、地元の人々に親しまれている「ゴールデンマイル・フードセンター」

「ゴールデンマイル・フードセンター」

今年2021年に改装を終えたばかりにもかかわらず、パッと見は相変わらず古くさくて地味なまま。

でも、内部には実力派のストールがひしめく超S級ホーカーセンターなのです。

今回、「ゴールデンマイル・フードセンター」に通いつめる在住者が、自信を持っておすすめする必食グルメ10選をご紹介します!

 


アクセス・フロアマップ


■ アクセス・行き方

アラブストリート・エリアの東端に位置する「ゴールデンマイル・フードセンター」

シンガポール・MRTサークルラインのニコル・ハイウェイ駅
ニコル・ハイウェイ駅A出口から徒歩約5分

MRTの最寄駅としては、ニコル・ハイウェイ(Nicoll Highway)駅になりますが、ブギス駅からアラブストリート周辺を観光したついでに、足を伸ばすというルートもおすすめです。

■ 2フロアにまたがるホーカースペース

3階建ての建物のうち、1階と地下1階の2フロアがホーカースペースになっている「ゴールデンマイル・フードセンター」

「ゴールデンマイル・フードセンター」フロアマップ

中庭部分が吹き抜けになっていて、地下1階でも明るく開放的。

「ゴールデンマイル・フードセンター」中庭

ちなみに、一番上の2階はアーミー・グッズを取り扱うお店が並ぶフロア。

「ゴールデンマイル・フードセンター」2Fのアーミーマーケット
2階はアーミー・マーケット

興味があれば、食前・食後に探索してみるのも面白いですよ。

 


Hainan Fried Hokkien Prawn Mee(#B1-34)


■ ゴールデンマイルFCの有名店「ホッケンミー」

ゴールデンマイルFCでホッケンミーと言えば、まず一番に思い浮かぶのがココ。

長い行列が常態化している「Hainan Freid Hokkien Prawn Mee」

「ゴールデンマイル・フードセンター」Hainan Fried Hokkien Prawn Mee(海南福建炒蝦麺)ホッケンミー

2種類の麺がお互いにくっつくほど、かなりのドライタイプ。炒めたときの香り(wok hei)が際立っています。

「ゴールデンマイル・フードセンター」Hainan Fried Hokkien Prawn Mee(海南福建炒蝦麺)ホッケンミー

ホーカー改装後、値段を一皿$4から$5に値上げ。

 


Chef Choo Signature(#B1-45)


■ ホーカーで味わう本格イタリアン

一流ホテルのイタリア料理店で経験を積んだシェフがオープンした「Chef Choo Signature」

「ゴールデンマイル・フードセンター」Chef Choo Signature

メニューは、パスタとポークチョップやチキンチョップといった洋食イタリアンが中心。

「ゴールデンマイル・フードセンター」Chef Choo Signatureのシーフード・スパゲッティ
「シーフード・スパゲッティ」1人前$7.9

シグニチャーの「シーフードスパゲッティ」は、熱々のスキレットでサーブされる本格仕様。

具にアサリ、エビ、イカ、そしてムール貝まで入っている魚介の出汁がしっかり効いたトマトソースに、茹で加減もバッチリのアルデンテ

このクオリティで約650円とは天晴れ。

 


Da Po Hainanese Chicken Rice&Curry Chicken Noodle(#B1-53)


■ ゴマ油が効いた絶品ソース「チキンライス」

チキンライスとカレーチキンヌードルと、2つの看板メニューを掲げる「Da Po Hainanese Chicken Rice&Curry Chicken Noodle」ですが、一押しはチキンライス。

「ゴールデンマイル・フードセンター」Da Po Hainanese Chicken Rice&Curry Chicken Noodleのストール

添えられたトマトと香草と一緒に、お皿の上にキレイに並ぶチキン。

「ゴールデンマイル・フードセンター」Da Po Hainanese Chicken Rice&Curry Chicken Noodleのチキンライス
「チキンライス」スープ付きミディアム$4.5

食欲をそそるゴマ油が効いたソースも絶品で、ダーク・ソイソース不要。

別皿のライスも、粒が立つほどのフンワリ具合で申し分なし。

 


Mr. Baguette(#01-51)


■ とろ〜りクリーム「ミスターバゲット」

拳ほどの大きさの丸バゲットから、とろーり溢れ出すラバ・クリームが人気の「ミスターバゲット」

「ゴールデンマイル・フードセンター」Mr.Baguetteのラヴァ・バゲット

チョコや抹茶などの定番から、レッドベルベットやティラミスなど、フレーバーも種類があり、どれにしようか迷ってしまうほど。

「ミスターバゲット(Mr.Baguette)」6個入り

只今、ゴールデンマイル店は、週末のみの営業!詳細・アップデートは、お店のFacebookを要チェック。

 


Ashes Burnnit(#B1-24)


■ ホーカーで生まれたグルメバーガー

複数のメディアで、ホーカーで食べれるグルメバーガーとして紹介されている「Ashes Burnnit」

「ゴールデンマイル・フードセンター」Ashes Burnnitハンバーガー

注文したのは、「Ashes Smash Cheese Burger」、シングル・ポテト付きで$5.9。

Ashesという店名を示唆しているのかは定かではありませんが、チャコール・バンズで登場。

シングルでも十分に厚みのあるパティ。粗挽きで肉の旨味が感じられます。

「ゴールデンマイル・フードセンター」Ashes Burnnitハンバーガーとマック&チーズ

マッシュルーム、トリュフの香りとチーズが濃厚な「マック&チーズ」$6もあり。

 


The Vadai Shop(#B1-32)


■ かき揚げ風?南インドの豆ドーナツ「ワダ」

「The Vadai Shop」も、長い行列が目を引く人気店。

ワダ(Vadai)というのは、ペーストにした豆をドーナツ状にして揚げた南インドのスナック。

「ゴールデンマイル・フードセンター」The Vadai Shop

いろいろ種類がありますが、おすすめはエビが1尾まるごとのった「Prawn Vadai」。1個1$。

「ゴールデンマイル・フードセンター」The Vadai Shop

少し塩気の効いた衣に、フワフワの生地。おやつにもおつまみにもGood。

是非、揚げたてをその場で食べるべし!

 


91 Fried Kway Teow Mee(#01-91)


■ 野菜の彩りが美しい「チャークイティオ」

1階中央の踊り場付近にある「91 Fried Kway Teow Mee」は、チャークイティオの人気店。

「ゴールデンマイル・フードセンター」91 Fried Kway Teow Mee(翠緑炒粿條麺)チャークイティオ

見よ、この野菜のグリーンが目にも鮮やかな一皿を!こんなチャークイティオ、初めて。

「ゴールデンマイル・フードセンター」91 Fried Kway Teow Mee(翠緑炒粿條麺)チャークイティオ

野菜のシャキシャキ感に、エビや貝などが入った平麺。チリ入りで注文したけれど、ピリッと効いたチリがいいアクセント(日本人でもオッケーな辛さ)。

レギュラー$4と、大サイズ$5の2種類。

 


Flourful Delight(#01-85)


■ 安くてウマイ「小籠包・餃子・麺」

安くて美味しい小籠包や餃子、麺類を食べたいなら、「Flourful Delight(知味面点)」

「ゴールデンマイル・フードセンター」Flourful Delight(知味面点)のストール

あつあつホカホカの「小籠包」(7個$5)は、ジュワっと溢れてくる肉汁スープがたまりません。

外はパリっ、中には豚肉の餡がたっぷりの「餃子」(10個$6)。コロンと一口サイズで、パクパクいけちゃいます。

「ゴールデンマイル・フードセンター」Flourful Delight(知味面点)の料理

「ジャージャー麺」「坦々麺」は、ともに$4(スープ付き)。

とにかく何を食べても安くて美味しい、間違いのないお店。

 


YouFu Fried Hokkien Prawn Noodle(#01-57)


■「ホッケンミー」の新興ストール

最近、著しい勢いで頭角を表しているのが、新興のホッケンミーストール「YouFu Fried Hokkien Prawn Noodle」

「ゴールデンマイル・フードセンター」YouFu Fried Hokkien Prawn Noodle(友富福建面)のストール

上記で紹介した「Hainan Freid Hokkien Prawn Mee」一強のホッケンミー勢力図に一石を投じる存在として、注目を集めています。

「ゴールデンマイル・フードセンター」YouFu Fried Hokkien Prawn Noodle(友富福建面)ホッケンミー

バランスのとれたウェットとドライの中間タイプ。海鮮の味が染みていて美味しい一皿。

新旧ホッケンミー対決、どちらも甲乙つけがたいけど、個人的にはこちらに一票!

 


Zhao An Granny Grass Jelly(#01-58)


■ トッピングが選べる「仙草ゼリー」

前述「YouFuYouFu Fried Hokkien Prawn Noodle」の隣にあるのが、仙草ゼリーとドリンクのお店「Zhao An Granny Grass Jelly」

「ゴールデンマイル・フードセンター」Zhao An Granny Grass Jelly

仙草ゼリーは茶碗一杯$1.8をベースに、トッピング1個で$2.3、2個で$2.6、3個で$3という仕組み。

ロンガン、ナタデココ、パームシード、シーココナッツ(オオミヤシの黒蜜漬け)といった4種類のトッピングから選ぶことができます。

「ゴールデンマイル・フードセンター」Zhao An Granny Grass Jellyの仙草ゼリー
ロンガンをトッピングした「仙草ゼリー」$2.3

クセもなく、プルンとした仙草ゼリーに、黒蜜シロップの自然な甘味でほっこり。

デザートやお口直しにぴったりです。

 


実力派ストールがしのぎを削る「ゴールデンマイル・フードセンター」

舌の肥えたシンガポーリアンたちが認める、安くて美味しいローカルグルメをお試しあれ!

Golden Mile Food Centre

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ