売り切れ御免!「裕佳西餅店」行列のできるロールケーキに首ったけ!

[更新] 価格リストなど最新情報をアップデート

アラブストリートの「サルタンモスク」に続く参道の横を走るKandahar St

次から次へと新しいレストランやショップがオープンしては消えていく、入れ替わりが激しい通りです。

カンダハールストリート

そんなカンダハールストリートに、ひっきりなしに人が訪れ、昼休みには行列ができるという謎のお店

間口2メートルほどの小さなお店に掲げられた、ちょっと薄汚れた看板には「裕佳西餅店」と書かれています。

 


老舗のロールケーキ専門店「裕佳西餅店」


■ 謎の店の正体は?

「裕佳西餅店」とは一体何のお店なのかという疑問は、英語の店名「Rich&Good Cake Shop」で明らかに!

ここは、ケーキショップしかもスイスロール(ロールケーキ)を専門に扱う老舗店だったのです。

裕佳西餅店の入口

店内のドアを入ると、すぐカウンターがあって、そこで注文・支払いをします。イートインのスペースはなく、持ち帰りのみという、実にシンプルなシステム。

■ スイスロールの種類&価格

ロールケーキのメニューは、季節によって変わることもあるようですが、10種類のフレーバーが基本

特に地元シンガポーリアンに人気なのは、ドリアンとカヤの2種類

最近では、レッドベルベットなど、ちょっとおしゃれなフレーバーも登場しました。

裕佳西餅店の価格表

以前1本$7〜$8だった価格が、今は$9〜$10。この2年で$2値上げした模様。

箱に入ったスイスロール

1本ずつ、サランラップを一回り太くした感じの箱に入れられているロールケーキ。

中を開けると、パラフィン紙に包まれた細長いスイスロールが行儀よく鎮座しております。

 


人気ロールケーキを食べ比べ


「裕佳西餅店」のロールケーキは、スポンジ生地を「の」の字に巻いたスイスロール。

クリームも、日本で流行した『堂島ロール』や『ローソンのプレミアムロールケーキ』でたっぷり使われている生クリームとは異なる、バタークリーム

華やかさはないけれど、一つ一つ手作りが自慢の昔懐かしいロールケーキです。

■ カヤロール

地元シンガポールに人気だという「ドリアン」と「カヤ」の2種類。

ドリアンを試す勇気がなかったので、消去法で選んだ「カヤロール」が、予想以上に美味しくてびっくり。

裕佳西餅店のカヤロール
カヤロール

甘すぎず、しっとりしたカヤクリームは、まるで和菓子の餡のような上質な食感。緑茶と一緒にいただくのが、おすすめです。

■ ストロベリーロール

ナイフをいれると、バタークリームと一緒にサンドされたイチゴジャムの赤が鮮やかな「ストロベリーロール」。見た目のかわいさNo.1

イチゴジャムの甘味とプルプル感が、味に立体感をプラス。

裕佳西餅店のストロベリーロール
ストロベリーロール

ちょこんとイチゴを上に乗せれば、プチケーキ風になりました。

裕佳西餅店のストロベリーロール

■ オレンジロール

滑らかなバタークリームと、つぶつぶしたオレンジの食感の対比が面白い「オレンジロール」

口のなかで、瑞々しいオレンジが弾けるたびに、爽やかな風味が広がります。

 

裕佳西餅店のオレンジロール
オレンジロール

■ チョコレートロール

きめ細やかなスポンジに、チョコクリームを挟んだ「チョコレートロール」定番中の定番。

裕佳西餅店のチョコレートロール
チョコレートロール

買ってきたら、小分けにして、冷凍庫に保存。子供から大人まで万人ウケする常備おやつとして大活躍です。

スイスロールでティータイム

 


値上がりしたとはいえ、1本$9〜とお手頃価格で、ちょっとした集まりのお土産にも重宝しそうですね。

売り切れの場合、営業時間であってもクローズしてしまうので、早い時間に行くことをおすすめします。

裕佳西餅店(Rich & Good Cake Shop)

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ